ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【試写会小松菜奈、門脇麦のW主演で解散までの道のりを描くロードムービー『さよならくちびる』

メインビジュアル

小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。劇中、2人が披露する、主題歌のプロデュースを秦 基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当、映画と音楽の奇跡のタッグが実現。
海外の映画祭でも高く評価される、『害虫』『どろろ』の塩田明彦が監督・脚本・原案を務め、未来への希望を奏でる青春音楽ロードムービーが誕生した。

 その美しさでひとを夢中にさせるレオと、その才能でひとの心を奪うハル。孤独だった2人は、二人三脚で音楽と懸命に向き合い、デュオ〈ハルレオ〉としてインディーズ・シーンで注目を集める。そんな2人の前に、付き人として音楽の膨大な知識と抜群のセンスを誇るシマが現れる。ハルレオは乗りは軽いが気配りは細やかなシマに心を開くが、予定外の恋心が芽生え、3人の関係はこじれていく。それでも愛する音楽が彼らを結びつけていたかにみえたのだが……売り言葉に買い言葉で決めたハルレオの解散、彼らを乗せた車はいま最後の別れに向けて、浜松、大阪、新潟、北海道を旅していく。ところが旅の途中でハルレオとシマの思いはますます高まり……最後の歌を歌い終えたとき、彼らがみつけた予想外の未来とは?
 今、日本のエンタテインメント界において、眩いほどに圧倒的な輝きを放つ存在で、その突出した演技力で観る者を物語へと惹きこむ二人、小松菜奈と門脇麦のW主演が実現し、小松がレオに、門脇がハルに扮した。さらに、ローディ兼マネージャーのシマを、今最も時代に求められている俳優・成田凌が演じる。3人の時におかしく時に切ないアンサンブルで、たとえ傷つけ合っても、人と出会い共に生きることの美しさと素晴らしさを奏でる。

サブ1

 監督は、海外の映画祭でも高く評価されている、『害虫』『どろろ』の塩田明彦。塩田監督が手掛けた脚本にあった「さよならくちびる」という言葉をもとに、映画タイトルでもある主題歌の作詞・作曲、プロデュースを手掛けたのは、繊細さと力強さをあわせ持つ歌声と、人生の美しい瞬間を切りとる歌詞で高い人気を誇る、シンガーソングライターの秦 基博。
さらに、挿入歌「たちまち嵐」「誰にだって訳がある」の2曲を作詞・作曲したのは、あいみょん。いちど聴いたら忘れられない歌声と、センセーショナルな独自の歌詞世界で、今最も熱い注目を集めている女性シンガーソングライターだ。
 稀代のアーティスト2人が書き下ろした曲を、劇中ではハルレオとして、小松と門脇がギターを弾き、自らの歌声で披露する。本作がキャリア初の歌唱演技となる小松は、門脇と共に数か月のトレーニングに励み、息の合ったコーラスはもちろん、ギター演奏も完璧にこなせるまでに上達し、エモーショナルなライブシーンの撮影を成功させた。
 静岡、三重、大阪、新潟、山形、青森、北海道を巡りながら、心へまっすぐ届く名曲にのせて、人と人との絆と前を向いて生きることの大切さを描く、青春音楽ロードムービー。

サブ4 サブ7

公式サイト:https://gaga.ne.jp/kuchibiru/
——————————————–
≪映画『さよならくちびる』一般試写会≫
【日時】5月20日(月)18:00開場/18:30開映
【場所】ニッショーホール(港区虎ノ門2丁目9−16)
【組数】10組20名

映画『さよならくちびる』一般試写会にTwitterのフォロー&リツイートで5組10名様をご招待します。
https://twitter.com/NeoL_Magazine
後日当選された方にはいただいた方にはNeoL編集部よりご連絡させていただきます。

【注意事項】
※受付時間やイベントの詳細はご当選者へのみお知らせいたします。
※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。当日は招待状を必ずお持ちください。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※開演後のご入場は堅くお断りいたします。
※場内での録音・録音機器の使用を固く禁止致します。

『さよならくちびる』
5月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
© 2019「さよならくちびる」製作委員会

出演:小松菜奈 門脇麦 成田凌

監督・脚本・原案:塩田明彦

うたby ハルレオ 主題歌 Produced by秦 基博 / 挿入歌 作詞作曲 あいみょん 

配給:ギャガ


【STORY』
「二人とも本当に解散の決心は変わらないんだな?」全国7都市を回るツアーへの出発の朝、車に乗り込んだデュオ〈ハルレオ〉のハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)に、ローディ兼マネージャーのシマ(成田凌)が確認する。うなずく二人にシマは、「最後の函館のライブでハルレオは解散」と宣言するのだった。
2018年7月14日、浜松のライブハウスでの解散ツアー初日から波乱は起きる。別行動をとったレオが、ライブの開始時間に遅刻したのだ。険悪なムードの中、「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、小さな封筒をハルに押し付けるレオ。しばらくして、何ごともなかったかのように、ステージに現れるハルレオ。トレードマークのツナギ姿に、アコースティックギター。背後の目立たない位置についたシマが、「たちまち嵐」を歌う二人をタンバリンでサポートする。
次の街へ向かう車の中、助手席でレオからもらった封筒を開けるハルを見て、「そうか、今日はハルの誕生日か」と呟くシマに、「違うよ。初めてレオに声をかけた日だよ」と答えるハル。二人が出会ったのは、バイト先のクリーニング工場。上司に叱られ、むくれていたレオを、ハルがいきなり「ねえ、音楽やらない? あたしと」と誘ったのだ。
その瞬間から、それぞれの事情でずっと孤独だった二人の心が共鳴し始めた。ハルからギターを習って音楽を奏でる喜びを知り、ハルの何でもない手作りのごはんに胸がいっぱいになって涙するレオ。そんなレオを優しく見守るハル。ある夜、「なんであたしなんか誘ったの」とハルに問いかけ、「歌いたそうな目をしてた」と言われたレオは、「だったらあたし歌う。全力でハルの後、追いかけていく」と決意する。その言葉通り、レオの歌とギターは上達し、二人は路上で歌うようになった。
少しずつ人気が出始め、ライブツアーに出ることにしたハルレオは、ローディを探す。その時、「ハルさんの曲と詞のセンスが好きだから」と名乗りを上げたのが、元ホストのシマだった。売れたバンドが使っていたというツアー車を用意し、「俺らも行けるところまで突っ走る」と煽るシマに、ハルとレオも自分の夢を叫んで拳を振り上げた。
地方ライブの集客も増え、自主制作だがCDも出し、ネット番組の取材も入り、若い女性を中心にさらに人気が広がっていくハルレオ。だが、誰も予期しなかった恋心が芽生えたことをきっかけに、3人の関係は少しずつこじれていき、溝は深まるばかり。ついに、この解散ツアーへと旅立つまで心が離れてしまった。
三重、大阪、新潟、山形、青森と、思い出の詰まったライブハウスを巡って行くハルレオ。もはやほとんど口もきかないが、ギターもコーラスもピタリと息が合い、その歌声は聴く者の心の奥深くへと届いていく。そしていよいよ3人は、北海道は函館で開くラストライブへと向かうのだが──。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき