ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

高須クリニック・高須克弥院長のアウシュビッツなどに関する発言でコラボ中の『翔んで埼玉』に批判の声が

現在大ヒット上映中の映画『翔んで埼玉』。
3月13日には、公式『Twitter』アカウントが高須クリニックとのコラボに関するツイートを行っていた。

一方、以前よりアウシュビッツやホロコーストに関する発言を行ってきた高須クリニックの高須克弥院長、3月15日にアウシュビッツ記念館のアカウント(@AuschwitzMuseum)が、高須院長の2015年の

南京もアウシュビッツも捏造だと思う。

というツイートを引用し


アウシュビッツは世界中の人々の心に絶えず忠告する史実です。
ナチス・ドイツによって造られたその強制・絶滅収容所の史跡は、
人類史上最大の悲劇を象徴しています。

とツイートを行うなどして波紋が広がる。
先述の『翔んで埼玉』のコラボ紹介ツイートには、多くの批判のツイートが寄せられていた。


映画評論家の町山智浩さんや、渡辺輝人弁護士さんなどもこの件に関しツイートを行っていたようである。

※『Twitter』の埋め込み機能を使用し表示しています。
全てのツイートが見れない方はコチラ
https://getnews.jp/archives/2134202[リンク]

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき