ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

まるで日本版『セッション』!? 主演・福山翔大が初心者JKバンドに熱血指導! 映画『JK☆ROCK』

映画『恋人はスナイパー』(04)や、TVシリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による完全オリジナルストーリーで描かれる青春ムービー、『JK☆ROCK』が4月6日(土)に公開となります。

本作は、2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに描き上げた物語。

才能がありながらも音楽への気持ちを諦め、別の道に進もうとする丈を演じるのは、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」や映画『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016年)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017 年)、ミュージカル『薄桜鬼 原田左之助篇』(2017年)など、TVドラマや映画、CM や舞台など幅広く活躍する福山翔大さん。2019年も2月22日公開の映画『翔んで埼玉』や『ジャンクション29』、3月2日公開の『五郎の新世界』など、続々と出演作が公開し、その端正なルックスと演技力に注目を集めています。

本作で福山が演じる主人公・丈は、とある事情によって音楽への情熱を捨ててしまった人物。そんな彼に音楽を取り戻させるべく、西村まさ彦が演じる馴染みのカフェのオーナーは、丈に初心者女子高生バンドの指導をさせることを思いつく。最初は嫌々引き受けた丈だったが、真っ直ぐに音楽に打ち込む彼女達の姿を見た丈は徐々に音楽への想いを取り戻していく……。

今回解禁となった画像は、丈が演奏を指導する中で、本来持っていた音楽への情熱を爆発させるシーン。映画『セッション』(14)でJ・K・シモンズが見せた鬼気迫る演技に勝るとも劣らない、情熱迸る熱血指導っぷりは圧巻。映画前半で見せるどこか心を閉ざしてしまっているような冷めた人物像から一転し、彼が音楽への想いを捨て去っていなかったことが強烈に伝わってくる熱いシーン! 音楽への想いで揺れる繊細な演技と、抑えきれない音楽への衝動が爆発するパワフルな演技、どちらの演技も主演としての存在感に溢れ、福山は初主演の気負いもなく堂々と丈を演じ切っています。

劇中では福山が吹き替えなしで行ったアコースティックギターの弾き語りシーンや、迫力のライブシーンも随所で描かれ、指導シーンの他にも音楽への想いをエネルギッシュ且つダイナミックに表現しているシーンが満載。『セッション』で様々な映画賞を受賞した。J・K・シモンズのように、本作の福山も近い将来映画界に名を轟かせるに違いないと確信させるだけのポテンシャルを発揮しています。

『JK☆ROCK』
福山翔大 山本涼介 小林亮太 熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ) 結 那(DROP DOLL . ユイナ) 三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂 金井勇太 橋本マナミ 若旦那 吹越 満
本田博太郎 / 高島礼子 / 西村まさ彦

監督:六車 俊治  脚本:谷本佳織 音楽:遠藤浩二 音楽指導:横川雄一
主題歌 「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ

製作総指揮:影山龍司 プロデューサー:岩城レイ子 プロダクション統括:木次谷良助 
制作協力:東映東京撮影所 配給・宣伝:ファントム・フィルム 宣伝協力:マンハッタンピープル 音楽協力:デビュン  
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT
(C)2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき