ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ぬい撮り”に“コマ撮り”も出来ちゃう! ポーズ自由自在のぬいぐるみ『ポペット』誕生 第1弾はディズニーキャラ

タカラトミーアーツから、様々なポーズを作って動きのあるシーンを演出することができるぬいぐるみ『ポペット』シリーズが展開スタート! 第1弾として『ディズニーキャラクター ポペット』全10種を年3月28日(木)から発売します。

ワイヤーフレーム入りで自由自在なポーズが作れるぬいぐるみ

SNSを中心に人気を集めている「ぬい撮り」。日常の一コマにぬいぐるみを入れて写真を撮る撮影方法で、これに特化したタカラトミーアーツのデフォルメぬいぐるみシリーズ『ちょっこりさん』は、2017年4月の発売以来、累計販売数100万個を突破する大ヒットシリーズとなっています。

これを受けて、新たに開発されたのが『ポペット』。『ポペット』は、できるだけキャラクターの見た目に近い“リアルさ”にこだわり、それでいて自由にポーズが取れるぬいぐるみを目指して開発されました。

手足や首を自在に動かすことができ、立たせたり座らせたり腕を曲げたりと、様々なポーズを楽しめます。

本体には、針金をラバーでコーティングしたオリジナルフレームが内蔵されており、なめらかに動かせてポーズが取りやすい仕様になっています。

この特長を生かして、「ぬい撮り」はもちろん、対象を1コマずつ違うポーズで撮影し動画のように繋げて見せる「コマ撮り」も比較的簡単に楽しむことができ、SNS動画アプリなどでも活躍します!

ポケットサイズのパペット=『ポペット』

『ポペット』の第1弾として発売されるのは大人気ディズニーキャラクターから

「ミッキーマウス」

「ミニーマウス」

「ドナルドダック」

「デイジーダック」

「チップ」

「デール」

「くまのプーさん」

「ピグレット」の定番キャラクターやディズニーアニメで人気のキャラクターのほか、

「マイク」

「サリー」(『モンスターズ・インク』)といったピクサー作品のキャラクターまでランナップした10種類!

いずれもキャラクターに忠実なリアルな見た目と、手軽に持ち運ぶことができるような“ポケットサイズ”にこだわっています。

今後も『トイ・ストーリー』に登場するキャラクターを加えるなど、展開を拡大していく予定だとか。かわいいおもちゃたちが遊ぶ様子をぬいぐるみで再現できるのは楽しみですね!

■商品名 :『ディズニーキャラクター ポペット』
■希望小売価格 :各1,680円 (税抜)
■発売日:2019年3月28日(木)
■対象年齢 :6歳以上
■商品サイズ :高さ150mm×幅100mm×奥行65mm(ミッキー)
■取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などのぬいぐるみ売り場ほか
■商品ホームページ:www.takaratomy-arts.co.jp/specials/popet/[リンク]
■『ポペット』公式Instagramアカウント:@popet_arts

(C)Disney
(C)Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard
(C)Disney/Pixar

関連記事:
インスタで流行りそう! “ぬい撮り”用ぬいぐるみシリーズ『ちょっこりさん』第1弾はディズニーキャラ
https://otajo.jp/67633

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。