ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

見た目は大人・中身は子ども! 悪ノリヒーロー映画映画『シャザム!』ビリー役のアッシャー君に色々聞いてみた

見た目は大人、中身は子ども! 「DCコミックス」異色のヒーローを映画化した『シャザム!』が4月19日に公開となります。

『シャザム!』ストーリー
身寄りのない悪ガキ「ビリー・バットソン」は、ある日怪しい魔術師からスーパーマンに負けないほどのパワーを手に入れる。仲間の「フレディ」とともに悪ノリを始め、あちこちで怪力を試したり、稲妻パワーを無駄遣い! すると怪しい科学者「Dr.シヴァナ」が現れ、スーパーパワーを狙われることになる。さらに「七つの大罪」というクリーチャーたちが召喚され、仲間のフレディはさらわれ、遊んでいる場合ではないと気付いたビリーは、仲間を救うためヒーローパワーを駆使して戦う!

本作で、「シャザム!」と唱えると大人のスーパーヒーローに変身してしまう主人公の少年ビリー・バットソンを演じたのは、アッシャー・エンジェルさん。ディズニー・チャンネルのTVドラマ「アンディ・マック」など、子役時代から活躍の幅を広げています。今回はアッシャーさんに映画撮影時の感想や、“ヒーロー”とは? など、映画公開に先駆け色々と聞いてみました!

――映画の中では「シャザム!」と叫ぶと、スーパーヒーローに変身することができますが、アッシャーさんは子供の頃ヒーローごっこをしたことがありますか?

アッシャー:もちろんだよ。多分オムツをして、家の中を走り回って、スーパーヒーローのフリをしていたよ。僕の弟と妹と一緒に、ショーをやったのを覚えているよ。僕がスーパーヒーローで、世界を救うフリをしてね。僕はある人を救助したんだ。僕はずっとスーパーヒーロー映画が大好きだった。スーパーヒーロー映画に出れるのは、とても素晴らしいよ。クレイジーだ。シャザム!(笑)

――あなたの好きなDCキャラクターはスーパーマンだとおっしゃっていましたね。

アッシャー:彼はOG(オリジナル・ギャングスター 長い間存在している)だからだよ。彼はスーパーマンなんだ。僕は、それを見て育った。僕が初めて見たスーパーヒーローなんだ。スーパーマンは。

――当時いくつだったんですか?

アッシャー:僕がいくつだったか?そうだね。正直に言うと、多分、2年前とかかな。または、僕がそれらを見始めたのは、1年前かもしれない。僕が幼いときは、子供たちがスーパーヒーローのマントやコスチュームを着て走り回っているのを見た。僕は「あのコスチュームがとても好きだ!」って感じだったんだ。(僕が大好きなのは)間違いなくスーパーマンだ。彼らはみんなとてもクールだよ。アクアマンはすごい。ワンダー・ウーマンも。僕にお気に入りというのはないよ。いや、お気に入りはあるけど、彼らみんなが素晴らしいよ。

――今はシャザムですか?

アッシャー:シャザム。いやあ、それが僕の一番のお気に入りであるべきだね。

――映画の撮影で一番エキサイティングだったことは何ですか?

アッシャー:撮影している時ね。もっともエキサイティングなことは多分、(考えている)。あまりに多くのことがあったからね。もちろん、演じることが出来ることだね。もちろん、毎日現場に行って、仕事をすることだよ。大好きだった。他のキャストと一緒にいれることだ。彼らは僕の親友たちなんだ。僕たちはシャザム・ファミリーなんだ。僕たちは、休みの日も一緒に過ごしたんだ。僕たちが仲がいいのを、映画で観れるよ。僕たちはみんなとても親しいんだ。それを間違いなく見れる。

――あなたにとっての”ヒーロー”とはどんな存在ですか?

アッシャー:実生活で?僕は人々を助けるのが大好きなんだ。本当に。僕は動物が大好きだから、間違いなく動物を助けることをしている。僕はまた、ローナン・ファンデーションをやってるんだ。僕は、子供たちや家族、動物を助けるのが大好なんだ。助けを必要としている人々を助けたいだけなんだ。僕はここにいるし、将来、そういうことが出来るようになりたい。出来るだけ多くの人々を助けたいんだ。成功してトップに行った時、そういうことをしなかったりする。でも、いつもすべきなんだ。いつも、助けを必要としている人々を助けるべきだ。

――どんな動物に夢中なんですか?

アッシャー:犬が大好きなんだ。

――あなたが犬と一緒にいる写真を見ました。

アッシャー:そうなんだ。新しい犬がきたところなんだ。今、犬が4匹いる。ゴールデンドウードルズが3匹と、ウィートン・テリアだよ。僕のママも犬が大好きなんだ。クレイジー・ドッグ・ファミリーだよ。猫も1匹いる。アニマル・ファミリーなんだ。僕たちはクレイジーなアニマル・ファミリーだ。動物は素晴らしいよ。彼らは今ホテルの部屋にいるんだ。

――そうなんですか?犬の啼き声が聞こえました。

アッシャー:彼らの1匹だよ。赤ちゃんなんだ。彼女は素晴らしい。大好きだよ(笑)。

――撮影に話を戻しますが、最もエキサイティングなことは何でしたか?また、何がチャレンジでしたか?

アッシャー:いくつかチャレンジがあったよ。僕が出ていた他の番組から、この映画に来ることはチャレンジだった。なぜなら、2つの違うキャラクターを演じるわけだからね。7ヶ月とかやっていたTV番組を終えて、翌日トロントに来て、全く別のものであるこの映画を撮影するんだ。新しいキャラクターをね。前にやっていたものの考え方を捨てて、新しいキャラクターを演じるんだ。それはクールだよ。そういうことが出来るのは素晴らしい。それは僕がそういうことが出来た初めてのことだった。間違いなくもっとそういうことをやりたいし、さまざまなキャラクターを演じたい。そして、映画をやったり、TV番組をやったりしたいよ。

――日本のファンにむけてのメッセージをお願いします!

アッシャー:日本にはまだ行ったことがないんだ。是非日本に行きたいよ。行くことが出来たら文化をいろいろ見てみたい。素晴らしい食べ物があるって聞いたよ。わからないけど、たくさんのものを見てみたい。いろんなところに行ってみたいよ。

(日本の)みなさんがこの映画を見てくれるのを待ちきれないよ。楽しい映画なんだ。ザカリー・リーヴァイは、シャザムとして最高だよ。みんなが楽しめる映画なんだ。もし笑いたければ、この映画を見に来た方がいいよ!

――はい!めちゃめちゃ楽しみにしております。今日はありがとうございました。

『シャザム!』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/shazam-movie/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき