ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.27>

藤岡みなみ|思い立ったがDIY吉日 <vol.27>

タレントの藤岡みなみさんが、モノづくりに対してのあれこれをつづるコラム連載!題字ももちろん本人。可愛くもシュールな世界観には、思わず引き込まれちゃいます。今回は、タイルで意外なモノをイメチェンします!

タイルでイメチェン完成!


―タイルを使ったDIYの良さとは。

私の妹はタイルマニアだ。よくタイルを使った小物を手作りしていると聞いて、いいなあやってみたいなあと思っていた。

妹いわくタイルを使ったDIYの良さとは、手軽に雰囲気を変えられるところと汚れても簡単に手入れできるところらしい。

ほんとにぃ? それってタイルだけの魅力なのかぁ? 私は少々意地悪な気持ちを抱いて
いた。

 

再利用が難しかった一合升。


―この四角い木の容器がどう生まれ変わるのか。

そこで、初めてのタイルDIYのリメイク材料として、一合升を選んでみた。

お正月の時期や和風の結婚式などでたびたびもらうが再利用しづらい、あの四角い木の容器である。

手軽に雰囲気を変えられるのがタイルの魅力とはいえ、この「ザ・和」な容器を生まれ変わらせるのは難しいだろう。

DIYが趣味のくせに面倒くさがりでもあるので、タイルはホームセンターでシール付きのものをゲットした。ハサミで切って貼るだけ、衝撃的な手軽さ。

 

こんな貼り方もかわいい。


―意外なかわいさに驚き。

さあ、どんなものかと一合升に貼ってみると……うわ、木との相性最高じゃないですか。タイルを一枚貼るだけで、即、北欧。クセが強いと感じていた一合升が食われている。

植物を飾ってみたりしたりして。あらかわいい。完全に時と場所を選ぶと思って戸棚の奥にしまっていた一合升が、日常的なインテリアになってしまった。

妹よ、疑ってごめん。ちょっとこれからタイル道、入門させてもらいたいと思います。
藤岡みなみ

ふじおか・みなみ/1988年、兵庫県出身。テレビ番組・CMに出演からラジオパーソナリティ、エッセイストなど、幅広く活動。バンド「藤岡みなみ&ザ・モローンズ」ではボーカルを務める。
ブログ:藤岡みなみ 熊猫百貨店
公式Twitter
公式Instagram

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。