ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本を動かす?櫻井翔 大使館公使との会食に経済勉強会……「何になりたいの?」「嵐の休止後が不安」と総ツッコミ!

2月21日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、櫻井翔の目指す方向性が疑問視される場面があった。

この日、番組ゲストに登場したのは、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で12年間共演し、櫻井が第2の父と慕う、村尾信尚。

村尾は一橋大学を卒業後、大蔵省(現在の財務省)へ入省、国の予算編成に携わる主計局主計官として要職を歴任した経歴を持つ。

櫻井との思い出エピソードの中で飛び出したのは、村尾が情報収集のために行う大使館の公使とのランチに「もし興味があるなら来ないか」と櫻井を誘ったら、忙しい中顔を出し、大使館の職員と英語でコミュニケーションをとっていたというもの。

さらに櫻井は、村尾が若いADたちに向け行っていた、経済のことを教える勉強会にも参加。みんなと一緒に勉強し議論を繰り広げていたという。

このエピソードに、番組共演者の島崎和歌子から「何になりたいの?」とツッコまれ、有吉弘行は「嵐の休止後、オレ不安よ?どこに行くの?」の一言。櫻井は、「何にもなりたくないよ! 大丈夫! ここにいる!」と全力で返した。

また、初めて嵐のコンサートを観た村尾が櫻井に「これだけの人数で動く力が合わさると、日本も変えられるね」と感想を述べたことも明かされた。日本を変えたいと思い公務員になった村尾は、選挙に出馬したこともあるが、「僕の集会に来てくれるのは10人、20人なんですよ」と語り、嵐のコンサートで東京ドームいっぱいに集まったファンが熱狂する様子を観て、「この人たちが選挙に行ったら日本が動くと思った」と、村尾らしい見方を語った。

そして、この日に向けて村尾が櫻井へ書いた感謝の手紙では、「人に伝えたい事に耳を傾けてもらうには、まずは親しんでもらう事。そのために自分の魅力を磨く努力をする事」を櫻井から学んだと読み上げた。

ぽんの記事一覧をみる
ぽん

記者:

テレビが好きだポン。NHKの受信料はちゃんと払ってるポン。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。