東京理科大工学部発ベンチャーが国内外から8億円超の増資!ウェアラブルロボット「マッスルスーツ」の海外展開、新製品の開発へ

access_time folderデジタル・IT
日本では少子高齢化に伴い、将来的に介護や建築現場などでの人手不足が深刻化することが懸念されている。そうした労働力の補てんのため、ロボットやAIといったテクノロジーを活用しようという動きが活発だ。

・「マッスルスーツ」を開発した東京理科大発のベンチャー、8億円超の資金調達

東京理科大学工学部から誕生したベンチャーの株式会社イノフィスでは、作業支援型のウェアラブルロボット「マッスルスーツ®」を開発。このたび同社では第三種割当方式による増資をおこない、香港のShun Hing グループ、台湾のJOCHU社のほか、国内投資家のNECキャピタルソリューションおよびベンチャーラボインベストメント(※)、東京理科大学インベストメント・マネジメント、SMBCベンチャーキャピタル、三生キャピタルなど計9者を割当先として、2019年1月31日をもって、総額8億640万円の資金調達を完了した。

国内に加えて、香港や台湾からの投資も受け、8億円を超える資金の調達を達成。調達資金は、新製品の開発投資や販促活動、香港や台湾の企業とパートナーシップを組んでの海外展開に活用し、マッスルスーツ拡大を進めていきたい意向だ。
※NECキャピタルソリューション社とベンチャーラボインベストメント社は共同での出資。

・“装着型の作業支援ロボット”で人の動作を手助け

イノフィスは、「生きている限り自立した生活を実現する」を理念に掲げ、人の動作を助ける装置の開発に取り組んでおり、「マッスルスーツ」をはじめとする装着型の作業支援ロボットを展開している。

「マッスルスーツ」は、空気圧で稼働する人工筋肉のはたらきで装着者の動作を補助し、作業時の身体負担を軽減させる装着型ロボット。特に腰部の補助に特化しており、人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰姿勢を保つ、といった作業時に効果を発揮する。

・介護や製造業、建設業などで導入

介護福祉サービス、製造業、物流業、建設業、農業といった分野で活用され、腰痛発生の予防、労働環境改善や人手不足対策に貢献している。2014年の販売開始以降、現在3モデルを展開中で、2019年1月現在の累計出荷台数は約3800台以上。

2018年10月には、腰部に加えて腕の動きもアシストする「マッスルアッパー(商標出願中)」の販売も開始。大掛かりな設備が不要で、重量物の取扱いを可能にする。

東京理科大学から生まれた気概に溢れるベンチャーの取り組みに、将来性を感じ共感する人々が国の内外を問わず多くいるからこそ、今回の大幅な増資に至ったのだろう。こういったロボットテクノロジーが身近になっていけば、ロボットの力を上手に借りつつ、これからますます進む少子高齢化社会において、多くの人が生涯現役で活動したり、日常を楽しんだりできるようになるかもしれない。

株式会社イノフィス
東京理科大学発ベンチャー イノフィスが8億円超の増資を実施 PR TIMESリリース

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧