アドリブシーンで笑いを求めるキャスト裏話も! TVアニメ『明治東亰恋伽』鳥海浩輔×岡本信彦インタビュー

access_time create folderエンタメ

明治にタイムスリップしてしまった主人公・綾月芽衣が歴史上の偉人たちと出会い、恋に落ちるタイムスリップ恋愛ファンタジーゲーム『明治東亰恋伽』(めいじとうきょうれんか、通称:めいこい)を原作としたTVアニメが1月より好評放送中。

先日7周年を迎えた『めいこい』は、ドラマCDシリーズ化、ミュージカル化され、ついにスマホアプリも配信スタート。さらに、実写ドラマシリーズ&実写映画化も決定している、根強い人気を誇る作品です。

今回は、川上音二郎役の鳥海浩輔さんと泉 鏡花役の岡本信彦さんにお話を伺いました!

7年やっているのに新鮮!?「カッコよかったんだ!」

――作品の見どころや楽しみにしているところは?

鳥海:完成版はまだ観ることが出来ていないのですが、大地 丙太郎監督カラーみたいなものが出ているだろうと思います。今まで長くやってきた『めいこい』シリーズとは、少しカラーリングが異なるというか……。

岡本:そうですね。真面目ではあるんですけど、数話に1回、大地節が入ってきますよね。

鳥海:“新しい『めいこい』”を感じました。ある話では突然歌いだしたり。

岡本:あれはビックリしました。新しかったですね~!

鳥海:そういった大地監督ならではの部分はあるので、今までゲームをプレイしてきてくれた方や劇場版アニメを観てくれた方も、また新たな『めいこい』の一面を観られると思います。

岡本:第1話の段階だと、まだ大地さんらしさを隠してますよね。だんだん自分の色を出されて来ましたけど(笑)。劇場版アニメでやったくだりも、大地監督なりの演出で新たに蘇る感覚はあると思います。あとは、今回の本筋ルートの鴎外さんが、今までは面白おかしくなっていたキャラクターだったところを、“ちゃんとカッコイイですよ”という描写が出てくるのは、ファンにとって嬉しい部分なんじゃないかなと思います。

鳥海:一番キャラが崩れてない感じがするよね。

岡本:崩れてないんですよ! 今まで一番崩れていた人が!

鳥海:イベントなどを通して中の人(浪川大輔さん)に寄ってきている感があったから、今回のアニメは“ゲームなどでは本来こういう人だったんであろう”という、我々の知らない姿を見せていただいています。

岡本:僕も「え、知らない……、こんな人だったんだ」と思ってビックリしました。

鳥海:「カッコよかったんだ!」ってね。

岡本:「普通にカッコイイんだな」と思いましたね。

鳥海・岡本:新鮮です(笑)。

鳥海:あとは毎話ゲスト偉人が登場するのですが、我々も収録に参加していない話もあるので、誰が出てくるのか気になってしょうがないです。

岡本:ゲストキャラで、「このキャストが来るの!?」と驚きましたね。僕がご一緒して一番驚いたのは堀江由衣さんでした。

鳥海:それ以外にもいろいろなキャストさんがゲスト偉人の役で来てくれるので、そこも見どころになるんだろうと思います。でも、話の主線とは全然関係ないです(笑)。

岡本:思い切ったことをやっていますね。偉人じゃなくても、ゴースト役(CVは折笠富美子さん)とかで普通にすごい人も来たりして、「え!この役(幼少期の小泉八雲(パトリック))を豊崎愛生ちゃんなの?」とかも思いました。

鳥海:もしかしたら、声優界の偉人が来るかもしれない。

岡本:あ~、待ちたい! 誰が来るんだろう(笑)!

鳥海:そこは我々も気になりますね。

TVアニメで気になるキャラは?

――ご自身のキャラクターを演じる上で意識していることを教えてください。

鳥海:僕はある意味二役演じさせていただいているんですが、音二郎さんのときは割りとストレートな人なのでそこまで意識していることはないです。女装をした音奴姐さんの方は、ヒロインの芽衣ちゃんが女性として憧れる女性なので、カッコイイ女性像を意識しているかもしれないです。アニメはギャグテイストな部分もあり、テンポが早いので、エピソードによってはセリフがとても早いなと感じることはありますね。

岡本:早口言葉みたいなこともありますよね。

鳥海:音奴さんがゲームではそんなに早く喋る人ではなかったので、テンポの良い回では、そのキャラクター性を保つのが若干大変でした(笑)。

岡本:僕は第1話のときに、音響監督のたなかかずやさんに言われたのが、「実際のキャラクター的にはちょっと少年ぽいのかもしれないけど、みんな大人なテイストできているので、1話だけもう少し大人っぽくしてもらって、自分の担当回が来たら自分の色を出してください」というディレクションが入ったので、ちょっとだけ声を低くした気がします。それもあり、第1話の最初の鏡花ちゃんはいつもよりも落ち着いている気がしました。

――今回のTVアニメで気になるキャラクターをあげるなら誰ですか?

鳥海:今回、実は鏡花ちゃんとあんまり絡んでいなくて。

岡本:そうなんですよ!

鳥海:だから、それぞれのメイン回のときに、どんな感じになっているかなというのが気になります。

1 2 3次のページ
access_time create folderエンタメ
nonの記事一覧をみる

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧