レゴでフルサイズのピックアップトラックとか無茶振りすぎない? でも33万個のブロックで『シボレー・シルバラード』を作っちゃいました

access_time create folder動画

米自動車会社のシボレーが、現在デトロイトにて開催中の北米国際自動車ショー(North American International Auto Show)で、『レゴブロック』製のフルサイズピックアップトラック、『シボレー・シルバラード』を公開しました。

これは、『シボレー・シルバラード』も登場予定の、映画『レゴ ムービー2』(日本では今年3月公開予定)のプロモーションの一環。『レゴブロック』でできた原寸大の『シボレー・シルバラード』は、18名のレゴ職人が2000時間以上(日数だと83日以上)という膨大な時間をかけ製作されました。使用された『レゴブロック』はなんと33万4544個。

Full-Size LEGO® Silverado | Chevrolet (YouTube)
https://youtu.be/iTw8MHmPKUI

『レゴブロック』製の『シボレー・シルバラード』の製作過程は、タイムラプス動画として『YouTube』で公開されています。まるで3Dプリンターでプリントアウトしたかのような製作過程ですね。フルサイズピックアップトラックだけあって、高さ1.8メートル超、長さ6メートル超、重さ1500キロと、重量級のサイズ感です。

ズームで見ると、3Dドット絵にしか見えない。

残念ですが、この『シボレー・シルバラード』は、以前紹介したレゴ製『ブガッティ・シロン』のように走ることはできません。

レゴブロックで再現した実物大の『ブガッティ・シロン』が走る スピードは遅いけど
https://getnews.jp/archives/2074388[リンク]

※画像とソース:
https://media.chevrolet.com/media/us/en/chevrolet/home.detail.html/content/Pages/news/us/en/2019/jan/0119-lego.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folder動画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧