ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

これぞ逆転の発想!? ロシアの“逆さまハウス”がある理由で人気に

外国人の友人・知人からすると日本という国は不思議で変わった国だそうです。逆に日本人からするとロシアという国もまた不思議で変わった国ではないでしょうか。

コント? コスプレ? バスのふりして自動車専用の橋を渡ろうとしたロシア人4人組
https://getnews.jp/archives/2096458[リンク]

『キャプテン翼』の読み過ぎ!? ただのペナルティーキックをオーバーヘッドキックのように魅せたロシアのサッカー選手
https://getnews.jp/archives/2085813[リンク]

ペディキュアした“足の形のネイル”がホラーにしか思えない件
https://getnews.jp/archives/2072768[リンク]

インターネット上でも「おそロシア」と形容されるほど、ロシアからは変わったニュースが飛び込んでくる確率が高い気がします。『トリップアドバイザー』でもモスクワの観光名所として、“逆さまハウス(Upside Down House)”が登録されていたりします。

Upside Down House
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298484-d7697841-Reviews-Upside_Down_House-Moscow_Central_Russia.html[リンク]

Unique Upside Down House (YouTube)
https://youtu.be/nDOhK1S8Iuw

ロシアで“逆さまハウス”が流行しているのかどうかは不明ですが、前述の“逆さまハウス”とは別の家がモスクワ市内に登場した模様です。

駐車場の車まで逆さまになっているのはなにかのこだわりなのでしょうか。

家の中に入ってみると、キッチンも見事なまでに上下逆となっています。

カラフルなリビングダイニングも逆さまです。

「誰がなんの目的がこんな家建てたんだ」という声も聞こえてきそうですが、勘の鋭い人なら「“逆さまハウス”ってひょっとしてインスタ映えスポット?」と閃くかもしれません。

実際『Instagram』上には、世界各地の“逆さまハウス”で撮影された写真が数多く投稿されています。

View this post on Instagram Ila Negiさん(@lil_ilu21)がシェアした投稿 – 2016年 9月月8日午後2時35分PDT

https://www.instagram.com/p/BKHDfGZB82a/

View this post on Instagram Elizabeth さん(@elizabethchua)がシェアした投稿 – 2015年 9月月4日午前3時36分PDT

https://www.instagram.com/p/7NKAmkxOMc/
モスクワに行くことがあれば、インスタ映え狙いで“逆さまハウス”に立ち寄るのもアリかもしれませんね。

※画像:『YouTube』より引用
https://www.youtube.com/watch?v=nDOhK1S8Iuw

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき