ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キャプテン翼』の読み過ぎ!? ただのペナルティーキックをオーバーヘッドキックのように魅せたロシアのサッカー選手

日本国内のJリーガーだけでなく、世界中のプロサッカー選手に多大な影響を及ぼしたとされる漫画『キャプテン翼』。サッカーをやっていた人なら小学生くらいの時に、大空翼のドライブシュートや日向小次郎のタイガーショットなどの必殺シュートを真似ていた人も多いでしょう。そんな『キャプテン翼』にでもでてきそうな必殺シュートが現実のものとなり、海外のサッカーファンの間で話題となっています。


https://twitter.com/RubinKazanUK/status/1049211685070942208
ただのペナルティーキックをあたかもオーバーヘッドキックのようにみせてしまったのが、ロシア・プレミアリーグのFCルビン・カザンの下部チームに所属するNorik Avdalyan選手。

すでに再生回数200万回超えとなっているこの動画を見た人達からは、「これ外していたら人生最悪の日になっていただろうな」、「チームメートが恥ずかしそうにしてない?」、「ゴールキーパー、混乱しただろうね」、「なんてゴールだ」、「『少林サッカー』で見たことあるような」、「ロシアの忍者かよ」、「俺が審判ならレッドカードだな」といった声が挙がっていました。

ロシアで『キャプテン翼』が人気だったか、同選手が『キャプテン翼』を読んでいたかはわかりませんが、ウソのようなホントの話とか、漫画や映画みたいな出来事って意外にあるものですね。無駄にオーバーアクションな気がしないでもありませんが。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/i/moments/1049600468735971328

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。