ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『キャプテン翼』の読み過ぎ!? ただのペナルティーキックをオーバーヘッドキックのように魅せたロシアのサッカー選手

日本国内のJリーガーだけでなく、世界中のプロサッカー選手に多大な影響を及ぼしたとされる漫画『キャプテン翼』。サッカーをやっていた人なら小学生くらいの時に、大空翼のドライブシュートや日向小次郎のタイガーショットなどの必殺シュートを真似ていた人も多いでしょう。そんな『キャプテン翼』にでもでてきそうな必殺シュートが現実のものとなり、海外のサッカーファンの間で話題となっています。


https://twitter.com/RubinKazanUK/status/1049211685070942208
ただのペナルティーキックをあたかもオーバーヘッドキックのようにみせてしまったのが、ロシア・プレミアリーグのFCルビン・カザンの下部チームに所属するNorik Avdalyan選手。

すでに再生回数200万回超えとなっているこの動画を見た人達からは、「これ外していたら人生最悪の日になっていただろうな」、「チームメートが恥ずかしそうにしてない?」、「ゴールキーパー、混乱しただろうね」、「なんてゴールだ」、「『少林サッカー』で見たことあるような」、「ロシアの忍者かよ」、「俺が審判ならレッドカードだな」といった声が挙がっていました。

ロシアで『キャプテン翼』が人気だったか、同選手が『キャプテン翼』を読んでいたかはわかりませんが、ウソのようなホントの話とか、漫画や映画みたいな出来事って意外にあるものですね。無駄にオーバーアクションな気がしないでもありませんが。

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/i/moments/1049600468735971328

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。