ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンデジだからこその高画質! 小型ボディに大型センサー搭載の『FUJIFILM XF10』で“映えるハロウィン”コスプレを撮影

スマートフォンの普及により、「写真を撮る」ということが僕らの周りではより身近な行為になりました。スマホの進化にともない、スマホカメラ画質も著しい変化を遂げています。

今回、ガジェット通信編集部では『FUJIFILM XF10』(以下XF10)というコンパクトデジタルカメラに触れる機会を得ました。が、筆者は内心「もう、スマホでいいんじゃね?」と思っておりました。本当に失礼ながら。

「コレ(XF10)はボディの割にかなり大きいセンサー積んでて、カメラ内のフィルターが充実しているみたいだ。まずはこれで“インスタ映え”させなさい」

そんな編集長の指令を受けつつ、まずは『XF10』に触れてみることになりました。

※本記事は写真を多数掲載した記事となります。すべての写真が表示されない場合はこちらへ

このボディでAPS-Cサイズのセンサー?

小さい。

ボディはかなり小さく、そして軽い、というのが『XF10』の第一印象でした。

しかしながら、そこに積んでいるのは「APS-Cサイズのイメージセンサー」だというのですからことさら驚きました。

すごく乱暴な言い方をするとイメージセンサーは大きければ大きいほど画質が安定します。ぶっちゃけ、キレイな写真が撮りやすいということ。

イメージセンサーは、人間の眼でいうところの網膜にあたる部分。デジカメにおいては、レンズと並んで非常に重要な部分なのです。

『XF10』が搭載している“APS-C”サイズのセンサーは一眼レフカメラミラーレスカメラでも使われている大きさ。これまで主流だったコンデジのセンサーは大きくても1型(13.2mm×8.8mm程度、親指の爪くらい)、多くのコンデジ、そしてスマホは1/1.7型もしくは1/2.5型(小指の爪くらい)のセンサーがほとんどでした。

しかし、『XF10』のような小さいボディに大きなイメージセンサーを積むのはこれまで非常に(本当に!)難しかったのです。今でこそコンデジにAPS-Cサイズのセンサーを積んでいる機種もいくつか存在はしていますが、このボディサイズ感はかなり稀有と言えるでしょう。

そうしたこともあり、手にした時の印象は強烈でした。

試しにちょこっと撮ってみても、その描画は歴然。拡大はもちろんのこと縮小された状態でも納得の安定描画でした。

19種類のアドバンストフィルターでコスプレを撮る!(ただしおっさんがモデル)

「インスタ映えさせてみて」という無茶ぶりに応え、筆者はメイクを開始。ハロウィンが近いのでかぼちゃをイメージしたコスプレにしてみました。

ひどいもんです。しかしながら、これならばどこから見てもかぼちゃの妖精ですね。

(※メイク画像はスタッフのスマホによるものです)

『XF10』にはFUJIFILMがこれまでのカメラで培った様々なフィルターが搭載されています。今回は19種類の『アドバンストフィルター』機能を使い、どんな写真が撮れるのかを試しつつ、インスタグラムにアップするところまで紹介してみたいと思います。

と、その前にカメラの画角を標準の3:2からインスタ向けに1:1へ変更!

いざ、アキバへ。

1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy