ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

なめらかで芳醇にもほどがある!“究極のガトーショコラ”の『ケンズカフェ東京監修 ショコラオレ』香り高いが甘くないのでリピート必至

「究極のガトーショコラ」で有名となったケンズカフェ東京の初監修となるチョコレートドリンクが10月30日(火)から発売となりました。

その名もずばり『ケンズカフェ東京監修 ショコラオレ』。ファミリーマート・サークルK・サンクス限定での発売となります。

実際に飲んでみた! 甘味よりも香りの豊かさを好む人に是非お勧めしたい

発売前に現物を飲める機会が得られたので、まずは味見してみました。

ファーストインプレッションは、
とにかく口に入れたときのインパクトがすごい」。

絹のように滑らかでいて濃厚な口当たりのショコラが口いっぱいに広がるのですが、このショコラオレは想像しているチョコレートの甘さとは明らかにレイヤーが違うもの。
甘さよりも、カカオの風味、芳醇な香りが押し寄せてきます

チョコレートに詳しくない筆者でも「これは普通じゃない」と感じさせる質を備えた材料と製法で出来ていることがわかります。

もっとこの風味を楽しみたい、と思いながら飲んでいると、あっという間になくなってしまいました。チョコレートは嫌いじゃないですが、そこまで好んで食べない筆者ですらこれですから、チョコレート好きにはたまらないドリンクなのではないでしょうか。

ちなみにこのショコラオレを飲んだ他の人の感想を聞いても同様でした。ちょっと中毒性の高いドリンクだという事がお分かりいただけるかと思います。


・ガツンとチョコレートが主張してこない
・チョコのしつこさが全くない
・あとから包まれるような、優しくも芯のあるカカオの香り
・良いチョコレートとすぐわかる
・ものすごく濃厚でなめらか
・ココアではない。チョコレートを溶かしたものでもない。
・クリーミーだけど甘すぎず普通に飲めてしまう
・あっという間になくなった
・ずっと飲んでいられる

専用に開発されたハイカカオチョコレートとクーベルチュールチョコレートとのブレンド

この『ケンズカフェ東京監修 ショコラオレ』には、専用に開発されたハイカカオチョコレートが使用されているのだとか。

このハイカカオチョコレートは砂糖が少なくカカオマスが非常に多いのが特徴。さらにフリーティーな酸味のあるクーベルチュールチョコレートを35%使用することで、より豊潤な香りでビターなチョコレートドリンクに仕上がっているようです。

上質なブレンドによる“チョコレート感”、是非体験してみてください。きっと驚きます。

商品名:ケンズカフェ東京監修 ショコラオレ
価格:198円(税込)
発売日:2018年10月30日(火)
発売地域:全国のファミリーマート・サークルK・サンクス
※数量限定

ケンズカフェ東京 ショコラオレ |商品情報|ファミリーマート
http://www.family.co.jp/goods/drink/1750010.html

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき