ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[かぶのスープ&シチューレシピ]コンソメやミルクで味わう2品

[かぶのスープ&シチューレシピ]コンソメやミルクで味わう2品

冬になるとおいしくなるかぶは、味にクセがなく、幅広い料理に使える野菜です。今回は、かぶのうまみを存分に味わえるスープとシチューのレシピを紹介します。

うまみを堪能!かぶ料理

かぶの実と葉、両方のおいしさと食感を楽しめるレシピです。

おいしいかぶの選び方はコチラ

かぶの葉とベーコンの卵スープ

隠し味の醤油がかぶの甘みをひきたてる!   

かぶの葉とベーコンの卵スープのレシピ

材料(4人分)   

かぶ:200g(中2個ほど)

かぶの葉:90g

ベーコン:4枚

卵:2個

[A]   

コンソメスープの素:小さじ2

水:800ml

醤油:小さじ1

塩・こしょう:少々

かぶの実は皮付きのまま5mm幅に、かぶの葉とベーコンは1cm幅に切っておく。

鍋にかぶと、混ぜ合わせたAを入れ煮立て、かぶの葉、ベーコンを加えて火が通るまで煮る。

2に溶いた卵を流し入れ、再び煮立ったら火を止める。

かぶとだんごのシチュー

米粉のとろみと、牛乳のこくがマッチした一皿。 

かぶとだんごのシチューのレシピ

材料(2人分)  

[シチュー]

水溶き米粉:米粉(グルテン入り)大さじ2、水大さじ2

タマネギ(みじん切り):100g

牛乳:300ml

かぶ:200g

バター:大さじ1

水:100ml

桜エビ:大さじ2

コンソメスープの素:大さじ1

塩・こしょう:少々

[だんご]   

米粉(グルテン入り):50g

牛乳:50ml

かぶの葉(みじん切り):25g

ボウルに米粉とかぶの葉を入れて、牛乳で固さを調節しながらよくねったら、一口大にまるめて中央をくぼませる。

鍋に湯(分量外)を沸かし、沸騰したら1を入れ、浮き上がってきたらすくって水(分量外)にとる。

かぶは茎を2cmほど残して皮をむき、縦1/4に切っておく。

鍋にバターを溶かしてタマネギを炒め、透き通ってきたら、3、桜エビ、水、コンソメスープの素を入れ、蓋をして中火で5分ほど、焦げないように煮込む。

かぶに火が通ったら牛乳を加えて煮立て、2を加える。

水溶き米粉を入れてとろみをつけ、塩、こしょうで味を調えたら完成。

桜エビの代わりに、缶詰のホタテの貝柱、カニを入れても合います。

少しずつ寒くなるこれからの季節、旬のかぶを使ったおいしいスープとシチューで、心も体も温まりましょう。

[かぶ]根にも葉にも!栄養を逃さない下ごしらえ&保存のコツ

[かぶ]根にも葉にも!栄養を逃さない下ごしらえ&保存のコツ

味にクセがなく、幅広い料理に活用できるかぶ。さっぱりとした味わいのピクルス、厚切りにしてステーキ、また正月明けに食べられる七草粥の「すずな」としてもおなじみの野菜です。根だけではなく、葉にもβ-カロテンなどの栄養が含まれているので、すべて活用しましょう。今回は、根と葉の両方を余すところなく使いこなす、下ごしらえと保存のコツをご紹介します。

最終更新:2018.10.24

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水良一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:
独立行政法人農畜産業振興機構[野菜ブック](かぶ)
JAさがみ(かぶの葉とベーコンの卵スープ)
農林水産省(かぶとだんごのシチュー)

VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy