ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“最後の職業作詞家”及川眠子と吉田豪が赤裸々トーク! 作詞の奥義・アイドル論・それからあんなお話も……

新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」やWinkの「淋しい熱帯魚」など多くの大ヒット曲を書いた作詞家の及川眠子さんが、作詞の教則本『ネコの手も貸したい 及川眠子流作詞術』(リットーミュージック)を上梓しました。それに伴い行われたトークショーでは、プロ・インタビュアーの吉田豪さんが、なぜ今作詞の教則本なのか? 伝えたかったことは? など及川さんに鋭く切り込みました。その全貌をお届けします。

及川眠子 出版記念トークイベント
2018年9月8日(土)@HMV&BOOKS SHIBUYA
聞き手:吉田豪
 取材・文:秋摩竜太郎

最近、音楽のことをよく訊かれるようになってうれしいんですよ。(及川)

吉田 及川さんには3年ぐらい前に一度インタビューさせていただきましたね。

及川 はい、そうなの。

吉田 あれが意外と話題になって。

及川 そのおかげでフジテレビの『アウト×デラックス』から出演依頼が来ましてね。

吉田 アウトな人という認定をされて。

及川 そうそう(笑)。

吉田 それからようやくちゃんとした本、『ネコの手も貸したい 及川眠子流作詞術』を出版されました。

及川 残念ながらちゃんとしてますよ(笑)。だから最近、音楽のことをよく訊かれるようになってうれしいんですよ。

吉田 読ませていただいて、とても勉強になりましたよ。歌い出しはア行にするとか、そういうことを意識したことがなかったもので。

及川 ありがとうございます。

吉田 ほかの作詞家さんはどれくらい考えているものなんでしょうか?

及川 どうなんですかね。何十年もやっている人はそれなりの技術があるでしょうけど、それぞれ違うはずですしね。ただ女性の作詞家に多いのは、字面を気にするっていうこと。目で見たときに美しい文章でもある、そういうものを目指す人も多いですよね。私は気にしませんけど、歌っていうのは目で見るものではないのでね。いかに言葉がメロディとうまく噛み合うかですから。

吉田 ボクが及川さんの名前を知ったのはCoCoがきっかけだったんです。だからこの本にCoCoとribbonの違いがしっかり書かれていたのがうれしかったです。

及川 CoCoは私立の女子校の高校生。ribbonの娘たちは公立、共学の高校生っていうね。だからCoCoとribbonの見ていたり過ごしたりしている世界観の違い、そういうことは意識していましたね。

吉田 当時はいわゆるアイドル冬の時代でしたけど、それでも全然規模が大きくて、ホールでコンサートをやっていたり、予算もしっかりとありましたよね。

及川 フジテレビのバックアップがあったのでね。

吉田 彼女たちをきっかけとしてアイドルの仕事が来るようになったんですか?

及川 いや、アイドルはゆうゆ(岩井由紀子/おニャン子クラブ)ですね。Winkの前に、おニャン子の高井麻巳子ちゃんとか、工藤静香もやってたかな。私を育ててくれたディレクターが彼女たちを担当していたんです。で、高橋洋子は、実はWinkのバックコーラスをやっていたんですよ。踊りながらね。さらに洋子ちゃんのトラ(代役)で彼女のお姉さんも関わっていたり。その後、今やアニソンの女王と言われている奥井雅美ちゃんもバックコーラスをやっていましたね。というのは最近雑談をしていたなかで発覚したんですけど(笑)。

吉田 当時は接点がなかったんですか?

及川 Winkの場合は完全に分業制で、私が唯一接点のあるミュージシャンは仮歌の人だけだったんです。広谷順子さんとか。

吉田 なるほど。Winkの特殊な音楽性というのは、元ジャックスの水橋春夫(プロデューサー)さんの存在が大きかったわけですよね?

及川 もう彼のアイディアですよね。

吉田 マニアックな洋楽を次々とカバーしていき、シングルはちゃんと売れそうなものを作るという。

及川 そうですね。水橋さんのやりたいことを周りの職人さんたちが形にしてあげた、それがあのときのWinkじゃないですかね。

吉田 アルバム『Especially For You 〜優しさにつつまれて〜』とかどうかしてましたよね(笑)。ブロンディのカバーとデボラ・ハリーのカバーが収録されているんですよ。被ってんじゃねえかっていう。

及川 めちゃくちゃでしたね(笑)。でもバランスを取りながらやれていたのはすごいですよね。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。