ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナッシー(アローラのすがた)デカっ! ARで『ポケモンGO』『ingress』などNianticの世界観を体感できるイベントが本日から開催

スマートフォンの画面越しに、六本木ヒルズを背にした巨大なナッシー(アローラのすがた)が出現――。六本木ヒルズは、10月12日から21日にかけて、『ポケモンGO』『ingress』などNianticの世界観をARで体感できるイベント『INNOVATION TOKYO 2018』を開催しています。初日のイベント開始前に取材してきましたので、レポートをお届けします。

『INNOVATION TOKYO 2018』は、六本木ヒルズ内の毛利庭園、大屋根プラザ、ウェストウォーク、ヒルズカフェ/スペースなど各所でプログラムを展開中。まず、『Pokemon GO AR庭園』が開催されている毛利庭園へ。ここでは、ポケモンたちの鳴き声や音を頼りに、庭園内に隠れているポケモンの鳴き声を集めるプログラムが体験できます。

受付の場所は、“リアルポケストップ”で写真が撮れるフォトスポットが目印。

ここで、スマートフォンが取り付けられたマイクのようなデバイスを受け取って探索に出かけます。

スマートフォンには、耳をふさがず周囲の音や声が聞こえるイヤホン『ambie sound earcuffs』が接続されているので、こちらを装着。モンスターボールカラーにカスタマイズされています。

ポケモンの鳴き声を集めに出発!

ウィロー博士によると、庭園内に10匹以上のポケモンが隠れているとのこと。制限時間以内に、3匹のポケモンの鳴き声を集めるのが目的です。

庭園内を散策しながらマイク型デバイスをあちこちに向けると、ポケモンが動く物音や鳴き声が聞こえてきます。『ambie sound earcuffs』では周囲の環境音も聞こえるので、自然にその場にポケモンがいるように鳴き声が聞こえてきます。

鳴き声がする方へ近づくとデバイスがブルっと震えて知らせてくれるので、録音ボタンをタップ。プテラの鳴き声を録音できました!

その後も順調に鳴き声が集まり、3匹分集める条件はクリア。庭園内の受付ですべて集めたことを確認してもらうと、鳴き声を集めたポケモンから1種類のポケモンを選んで芝生エリアで一緒に遊ぶことができます。

貸し出されたスマートフォンを好きな場所に向けて画面をタップすると、選んだポケモンが出現。筆者はナッシー(アローラのすがた)を選んだのですが、なんと画面に入りきらないほどのデカさ!

こちらは、ポケモンに近づいて、その大きさを体感できる“AR+”を利用したもの。『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイトによると、ナッシー(アローラのすがた)は高さ10.9mもあるそうなので、見上げる大きさになるのは当然ですね。森タワーを背景にその巨大さを体感して楽しめます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy