ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、新型LTEスマートフォン「Xperia GX」、「Xperia SX」を発表、2012年夏以降に日本で発売

Sony Mobileは5月9日、LTE方式によるデータ通信にも対応したXperiaスマートフォンの新機種「Xperia GX」と「Xperia SX」を日本で2012年夏以降に発売すると発表しました。NTTドコモなどキャリアからの発表はまだ行われていません。どちらもAndroid 4.0(ICS)とQualcomm Snapdragon S4 1.5GHz(デュアルコア)を搭載した端末。クリアブラックパネル、モバイルBRABIAエンジン、Exmor R for mobile、テレビ専用UI「TV launcher」などの既存の技術や機能に加えて、両機種にはSonyの技術やサービスと連携した3つの新アプリが追加されているそうです。Walkmanアプリクリアオーディオテクノロジーやバーチャルサラウンド技術(VPT)などこだわりの音質とあわせ、再生中の音楽を独自に解析し様々なイメージで画面を彩ることができるVisualizer(ビジュアライザー)や、Facebookの友達がすすめる楽曲一覧を自動で生成する機能などを特徴としています。Albumアプリ写真や動画の月別表示や地図上での撮影場所の表示、Facebookなどオンラインアルバムとの連携のほか、コンテンツのすばやい閲覧をピンチズームで可能にする技術を搭載Moviesアプリ高画質、高音質で映画などのコンテンツ再生が可能で、Gracenote社のメディア情報データベースと連携しコンテンツのイメージ画像や出演者等の詳細情報を加えて楽しめる。Xperia GXは4.6インチHD解像度の液晶ディスプレイを搭載した大画面の端末。Xperia arcのアークフォルムを継承した最薄部8.6mmのスリムなボディが特徴。国内定番機能の中では「おサイフケータイ」に対応するそうです。Xperia SXは、質量約95gの軽量なボディに3.7インチqHD解像度の液晶ディスプレイを搭載した世界最軽量のLTEスマートフォン。国内定番機能では「おサイフケータイ」、「ワンセグ」、「赤外線通信」に対応するそうです。Source : Sony Mobile 



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Instagram」がv1.1.0にアップデート、写真の背景をぼかすことができるティルトシフト機能が追加
HTC、米Virgin Mobileに「Evo V 4G」を、米Boost Mobileに「Evo Design 4G」を投入、どちらもAndroid 4.0を搭載
Sony Mobile、Xperia ion LT28iを5月末に台湾で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。