ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すでに1000万人が癒された!? “フクロウ界のアイドル”が1st写真集をリリース

すでに1000万人が癒された!? “フクロウ界のアイドル”が1st写真集をリリース

猫ブーム、犬ブーム、そしてフクロウにもブームがきて久しい。

街にはフクロウカフェがすっかり定着したが、「犬と猫はわかるけど、フクロウってかわいいの?」という声もちらほら聞かれる。また、興味はあるけど、フクロウカフェに行ったことがない、フクロウに触れたことがない、という人もまだまだ多い。

そんな、まだフクロウの魅力を味わっていないみなさんに、ぜひ一羽のフクロウを紹介したい。

2017年の夏にYouTubeに投稿され、一部で瞬く間に話題となった「溶けるフクロウ」動画を、あなたはご存知だろうか。

その投稿は、2018年9月14日現在YouTubeだけで約130万回の再生を記録。海外メディアまで含めると再生回数はなんと1000万回超の人気ぶりだった。

何を隠そう、今回紹介するそのフクロウこそ、この動画によっておそらく世界で最も有名なフクロウの一羽になった、ベンガルワシミミズクの“ガルーさん”だ。

実はこのほど、そんなフクロウ界のスーパーアイドル“ガルーさん”の初のフォトブックが本と電子書籍で刊行された。『もふもふフクロウ ガルーさんの休日』(共著:げんさん・黒須みゆき/祥伝社刊)だ。

表紙

甘えん坊だけどわんぱくな姿から、時折見せる凛々しい佇まいまで、愛らしいモフモフした姿が目白押しの本作から、ここでは編集部が選んだガルーさんの注目カットを紹介しよう。

(1)おさんぽに誘うガルーさん


まずは、ガルーさんとのおさんぽが始まる冒頭の写真だ。ぶわっと広がり、モフモフと音のしそうな羽、クリックリな目でこちらを見つめる愛らしい表情は、まさしく「今日はどこに行く?」といった顔だろう。こんな甘えた表情でお願いされて、あなたはおさんぽに出かけないでいられるだろうか。

(2)凛々しいガルーさん


先ほどの甘えた表情から一転して、精悍な顔つきをしたこちら。甘さだけでなく、クールなカッコよさとのギャップも持ち合わせているのが、ガルーさんの魅力なのだ。少し警戒モードでピッと羽角の立った野性的な表情も見逃せない一枚だ。

(3)宙を舞うガルーさん


これは飛んでいるガルーさんを下から撮ったのであろう一枚。翼を広げた雄大な姿にうっとり見入ってしまう。また、普段めったに見ることの出来ない太もも部分についている筋肉の形は隠れた本作のチェックポイントだ。

(4)ひょっこりと顔を出すガルーさん


グラスが置かれたテーブルの奥からひょっこりと顔を出すガルーさん。ガルーさんと水辺で休日デートというシチュエーションだろうか。初デートなのか、少し表情の硬いガルーさん。だが、キリッとした表情はだんだん硬派男子にも見えてくるから不思議だ。

本作の売り上げの一部は獣医療機関の猛禽類医学研究所に寄付されるという。

まだまだ私たちの生活に馴染みのないフクロウだが、飼い主のげんさんにガルーさんに対する愛情や、しっかり育ってほしいという希望が感じられる。

世界で話題になった「溶けるフクロウ」は、今なお元気に人々を癒し続けているようだ。

(新刊JP編集部、画像提供=祥伝社)

【関連記事】

元記事はこちら

【「本が好き!」レビュー】『虫から死亡推定時刻はわかるのか?―法昆虫学の話』三枝聖著

「死にかけのセミ」の怖さと、セミファイナルかどうかの見分け方

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。