ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さっそくジロ・デ・イタリア2012を振り返る! 【デンマーク編】

さっそくジロ・デ・イタリア2012を振り返る! 【デンマーク編】

ワウテル・ウェイラント選手の死から一年となる今大会。

彼のつけていたゼッケン108番は永久欠番となり100番台ゼッケンをつけるグリーンエッジのゼッケンは101番からではなく100番から始まり、108番を飛ばして109番まで

となっています。

あの悲惨な事故を誰もが頭に過る中、皆が彼に黙とうを捧げ、ジロ・デ・イタリア2012が開幕致しました。

【第1ステージ】

開幕一日目となる第1ステージ。

昨年の覇者、現役最強選手とうたわれているアルベルト・コンタドールがドーピング認定されタイトルをはく奪。

2位のミケーレ・スカルポーニが急きょ昨年覇者となり、先日マリア・ローザが贈呈され初日は昨年の王者としてそれに袖を通してのスタートです。

オープニングなので選手の顔見世として行われたのが個人タイムトライアル。

個々の実力によりタイムが決定する為、このステージでもっとも速かった選手がマリア・ローザを獲得し、最初に袖を通す栄誉を与えられる。

天候は晴れで一見温かそうに見える現地ですが、場所は北欧 デンマーク。

気温は8度の中ヘアニングの町中、8.7キロのコースで競い合います。

日本人として気になるのは昨年の6月日本のタイトトライアルチャンピオンになった別府選手だ。

現行のチャンピオンなので、彼はナショナルジャージ、日本チャンピオンの証となるジャージの着用が義務付けられている。

日本人唯一の出場選手である別府選手の雄姿に期待!   のはずが、

所属するチームグリーンエッジはつい先日メインスポンサーにオリカ社が加わりチーム名がオリカ・グリーンエッジへと変更。

それに伴いチームジャージも急きょ作り直されることとなったのだが、別府選手のナショナルジャージバージョンの製作が間に合わず

残念ながらその姿を見ることはかないませんでした。   

さっそくジロ・デ・イタリア2012を振り返る! 【デンマーク編】

 (でもカナダのスヴェイン・タフト選手のナショナルジャージは間に合う)

というか映像にすら別府選手が出てませんでした。 ぐぬぬ。

気になる結果は198名中145位。

別府選手はアシスト役であり、タイムトライアルでは勝ち目は全力でも無いでしょう。 

翌日に体力を温存する為全力ではなかった可能性もありますが、世界の壁はやはり厚い。

インタビューでは「今年のジロは、はじめチョロチョロ、中パッパ、最後にドーン、です」 というように、終盤のステージでどうやら勝利を狙っている様子です。

期待しましょう。

今回開催された場所は上記した通りデンマーク。

場所はヘアニングですが、この町は人口4万人ばかりの小さな町ですが、資産家が多く住んでいる所なのだそうです。

毎年開幕は国外で3ステージぐらいはお馴染みになっているとはいえ、住宅街なのでホテルもなくスタッフはもちろんファンも選手も多くの苦労をしているとか。

誘致に莫大なお金が動いたとの噂もあるのです。

なんでこんなことを今ここで書くのかというと、お祭り騒ぎなのではしゃいじゃったんでしょうね。

マリア・ローザにちなんだピンク色の水が出るように噴水に塗料を流し込んだ結果、

噴水が詰まってコースに水があふれ出し選手が次々に転倒しました。

さっそくジロ・デ・イタリア2012を振り返る! 【デンマーク編】

ついでに言うと大会2日前にデンマークの航空会社キンバースターリング社が前触れなくいきなり倒産。

飛行機が飛ばないすったもんだ劇もあった模様です。  凄いぞ。 デンマーククオリティ。

さらに言っておくとグランツール初出場となるチームネットアップのチームバスが大会前日にカーナビがパクられるなど

大会開始前からもひと波乱あった模様です。 凄い。 凄いぞ。 デンマーク!

そんなアクシデントもありながら、このステージを制したのはプロ2年目を迎えるテイラー・フィニー。

タイラー・ファラーを発音の違いでテイラー・フィニーと言ってると思われる方がたまにいるそうですが、別人ですよ。

BMCレーシングのテイラー・フィニーが最初のマリア・ローザを獲得しました。

さっそくジロ・デ・イタリア2012を振り返る! 【デンマーク編】

両親は共にオリンピックのメダリスト。 若干21歳のサラブレットは今後の人生を変えかねない大金星を打ち上げました。

またポイント賞であるマリア・ロッソ・パッショーネと25歳以下の為新人賞ジャージ マリア・ビアンカもトリプル受賞。

最初のステージを制した者にだけ許される、まさに独占状態となりました。

【第2ステージ】

いよいよ本番となるチームロードレースがスタート。

コースはヘアニングをスタートし一路西へ、強風吹き荒れる海沿いを北上し、東に向かって山岳ポイント超えれば南下し、ヘアニングに戻ってくる全長206キロ  一周して帰ってくるコースです。

48キロ地点にスプリントポイントが設けられ、また最初の山岳ポイントも117キロ地点に設けられていますが、標高わずか47mという山じゃねぇよ これ小高い坂だよ と言いたくなるレベルです。

これぐらいだと山に強い選手ではなく、スプリント力のある選手が有利な山岳ポイントです。

ちなみに今大会から山岳賞ジャージの緑色だったマリア・ヴェルデはは青色となり、マリア・アッズーラと名称も変わりました。

新しくなった山岳ジャージの最初に袖を通すことになるのは誰なのか。  このコースで一番の見どころな気がします。

しかしコースはあくまで平坦のスプリント勝負。 スプリンターたちの熱き戦いが始まります。

レース開始早々ミゲール・ルビアノ、アルフレード・バッローニ、オリヴィエ・カイセンの3人が猛烈なアタックを決め、

後続集団に最大13分半もの大きなリードを作り出します。

狙いはもちろん、ステージ優勝!ではなく、おそらく栄えある新山岳ジャージに最初に袖を通すこと。

ステージ優勝できれば文句はないのでしょうが、そこは10キロ1分の法則。

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。