ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シェアリング電動スクーターの「Lime」が373億円の資金を調達!Uberと業務提携へ

米国の電動スクーター/自転車シェアリングサービスLime Bikeは、3億3500万ドル(約373億円)の資金調達を行い、またUberと業務提携してUberのアプリからもLimeのスクーターを利用できるようになると発表した。

米国、とりわけ西海岸ではスクーターシェアリングが急速に拡大していて、その波は欧州にも広がっている。いかにユーザーを取り込むか、シェアリング大手やテック企業を巻き込んで業界がヒートアップしている。

・創業2年目の新興企業

Lime Bikeは2017年にフロリダでスクーターシェアリングサービスを始めたスタートアップだが、わずか12カ月で全米と欧州70ものマーケットでサービス展開するという急成長をみせている。

そこに目をつけたのがテック企業やシェアリング大手。今回の資金調達はGV(旧Google Ventures)が主導し、Googleの持ち株会社Alphabetなども出資している。

・Uberアプリか利用も

3億3500万ドルという額もさることながら、今回注目を集めるのがUberの出資と、Uberとの戦略的パートナーシップの締結。これにより、Uberの顧客はUberアプリからスクーターも選択できるようになるとのこと。

Uberにとっては顧客に幅広い交通手段を提供でき、一方でLime BikeにとってはUberの顧客網を使って利用を取り込むことができるという、ウィンウィンの関係となる。

手軽、安い、交通渋滞とは無縁、そして環境に優しいとあって今、スクーターや自転車のシェアリングサービス業界は熱く、Lime BikeのライバルのBirdも先月3億ドル(約333億円)を調達している。今後ますますこの業界ヒートアップしそうな勢いだ。

Lime Bike

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy