ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

傷の状態をモニターし、必要に応じて抗生物質を自動投与するスマートバンデージ開発中

傷の管理というのはなかなか難しい。というのも状態に応じた適切な治療が必要で、過度に抗生物質を使うと逆に状態を悪化させることもある。

そこで米国のタフツ大学が開発中なのが、フレキシブルなエレクトロニクスやpH値などを測定するセンサーを内蔵し、必要に応じて自動で抗生物質を放出するスマートバンデージだ。

・pH値や温度を測定

このスマートバンデージの中にはpH値を測定するセンサーが内蔵され、pH値が6.5以上かどうかを判断できる。pH値が6.5以上だと傷口に感染があるということになる。

また表皮温度を感知するセンサーも組み込まれていて、炎症に伴う発熱があるかどうかもわかる。

・火傷の治療に有効

そうしたセンサーからの情報をマイクロプロセッサーが分析し、傷の状態を判断する。そして感染や炎症が認められると、バンデージ内にある加温システムが起動されてジェルを温め、傷口に抗生物質が投与される。

開発チームのSameer Sonkusale教授によると、火傷や、糖尿病などによる慢性的皮膚疾患のように管理が難しい傷にこのバンデージは有効という。

現在はまだ、プロトタイプによる実験段階だが、このスマートバンデージに使われている部品などはそう高価ではないとのことで、医療現場で広く使われるようになる可能性を秘めている。

研究結果はこのほど専門誌Smallに掲載された。

Tufts University

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy