ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル社新製品公式発表目前! モバイルアクセサリーショップGHOSTEKが“廉価版”のレンダリングを公開

新作iPhoneの公式発表を、目前に控えた今夏。この段階で、いわゆる低予算バージョンの発売は、ほぼ間違いなしと見なされている。情報が固まり始めたせいか、ITメディア同様、関連メーカーの動きも活発になってきている。

・最新のレンダリングからデザインを想像

携帯電話のアクセサリーショップGHOSTEKは、“廉価版”iPhone Xのケースを想定した、本体のレンダリングを公開。この図を見る限り、現行のiPhone Xと同じく、本体はベゼルレスデザインの模様。これは、Face IDがそのまま引き継がれることを示している。カメラは、単一のリアカメラ。iPhone 8 Plusのような、デュアルカメラを期待していた人は、残念に思うかもしれない。

肝心のサイズは、アップル社の最終回路図を元に想定可能。おそらく、現行品よりわずかに大きくなるだろう。これは、ディスプレイのサイズアップ分と思われる。

・秋まで待てない!?

最近では、9to5Macが同じ低予算版のiPhone Xを想定した、ダミーモデルの動画を公開。このときのサイズも、現行iPhone Xよりわずかに大きかった、と記憶している。

回路図も参照にしているので、GHOSTEKバージョンのほうが、さらに信頼性が高いと思われるが、いずれも想像の域を超えない。アップル社の予定が例年どおりであれば、正式発表まであと3か月ほど。うわさや想像に振り回されつつ、待つしかない。

souce by Forbes.com

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。