ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

任意の写真やイラストをマーカーにしたARコンテンツが配信可能 エレコムとメガハウスが制作・配信・視聴までカバーする汎用ARサービス『@AR』を提供開始

任意の写真やイラストをマーカーにしたARコンテンツが配信可能 エレコムとメガハウスが制作・配信・視聴までカバーする汎用ARサービス『@AR』を提供開始

エレコムとメガハウスは7月5日、汎用ARサービス『@AR(アットエーアール)』の提供を開始したことを発表しました。任意の写真やイラストがARマーカーになり、専用アプリをかざすとARコンテンツを視聴できる仕組み。制作から配信、視聴までをカバーする汎用サービスとして提供します。

atar2

ユーザーはiOS/Android向けに無料提供されているアプリ『@AR Player』を使用。

atar3

ロゴなど任意の絵柄をARマーカーとして登録しておき、アプリをかざすとおみくじの結果が出る、といったARコンテンツを配信できます。出現率はシステム側で設定が可能。

atar4 atar5

既存の絵柄を後からARマーカーとして登録できるので、カタログにかざすと動画が再生されたり、1万円札1枚にかざすと札束になる、というようなコンテンツも実現可能。

atar6 atar7

店頭で発行できるクーポンや、イベント会場限定で配布するフォトフレームなどの用途にも対応します。

atar8

コンテンツの配信には、コンテンツ管理システムの『@AR Station』を使用。ブラウザからマーカーにする画像、配信したい画像・動画などのメディアを登録してクラウドにアップロードすると、『@AR Player』アプリから視聴可能になります。

atar9

配信システムは初期費用1万円+月額980円から利用可能。登録するメディアの容量、数に応じて料金が設定されています。

atar10

配信するコンテンツ制作の受託も実施。『@AR Studio』という名称のサービスで、用途やターゲットに応じたコンテンツを制作します。

atar11

名刺などの印刷物とARコンテンツを組み合わせたネットプリントサービスの提供も予定しています。

atar12 atar13

このほか、『@AR』と連動する製品として、アプリをかざすとさまざまなエフェクトが動き出す『@ARペーパークラフト』、カップラーメンの待ち時間にフタの上でコンテンツを表示する『ヌードル/ティーカップカバー』といった製品を発売予定。

atar14

メガハウスが7月下旬に発売する『ヴァリアブルアクション Hi-SPEC 新世紀 GPX サイバーフォーミュラ スーパーアスラーダ 01』では、特典としてアプリをかざすと楽しめる3D映像を配信。今後、バンダイナムコグループのキャラクターを活用したさまざまな展開が期待できそうです。

AR総合プラットフォーム「@AR(アットエーアール)」
https://atar.jp/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき