ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

普段使いのメガネがサングラスに?! UVから目を守り運転中のリスクを軽減する“進化版調光レンズ”が高機能すぎる!

実際に近視メガネユーザーの記者が、「そんなにすごいアイテムなら体験してみないと……」と、いざ、ドライブへGO! 普段の運転中、急な日差しで眩しくなった時に記者がよくやるのは、普段使いのメガネとサングラスの必殺二重がけです。

かけ直しも面倒なので二重がけしていますが、正直煩わしいし、重いし、マジダサい……。でもメガネにしか度が入っていないので、サングラスだけだと見えないからと我慢していました。

DSC_0378

記者の普段使いのメガネに『トランジションズ・エクストラアクティブ』を施したメガネを新調。通常の状態ではほぼ透明なレンズ(ただの度入りのメガネ)で、視界良好。会社でも誰も最新レンズと気づかないほど自然です。

DSC_0325

いざ、ドライブに出発。日差しが強いはずなのに、全くまぶしさを感じません。日差しが強くなるとレンズに色が付き、日差しをカットしてくれるからなのですが、その変化にかけている自分は全く気づかないくらい、日差しの強さに即応してくれます。自分が気づかないうちにいつの間にかサングラスに早変わりして目を守ってくれます。

目的地まで、まったく視界に違和感なく到着しました。たかがサングラスをかける、外す、だけのこととはいえ、その手間がいっさい要らない『トラジションズ・エクストラアクティブ』を使ってみると、その“だけ”がいかに煩雑で不満だったかを、しみじみ感じます。ドライブ中にサングラスを探したり、かけたり外したりする時、うまい具合にさっと停車できる状態なら良いですが、必ずしもそうはうまくいきません。だからといって走行中それをすると一瞬とはいえよそ見運転となる可能性が高く、いたって危険です。しかし『トラジションズ・エクストラアクティブ』のメガネはかけっぱなしなので、安全運転という観点からもすごく役立つ新技術だと実感しました。

車内から車外へ、そして屋内に移動しても、それぞれの明るさに応じてクリアに見え続けるので疲れませんし、サングラスをバッグにしまって、またメガネを出して……という手間も、荷物もありません。本当に快適!

かけっぱなしで目に悪い光を常にカット

メーカー担当者によると、ドライブ以外でも『トラジションズ・エクストラアクティブ』の活用範囲は広いとのこと。

「サングラス=夏のものというイメージが強いのですが、実際には可視光線こそ弱まるものの、春や秋、冬の紫外線量もかなりあります。また日常的に使っているスマホやパソコン画面などのブルーライトも、目に負担をかけています。こうしたものから一年中、最適な色の濃さで負担軽減してくれるのが、『トラジションズ・エクストラアクティブ』のレンズです。一日このレンズを入れたメガネをかけていると、夜、『目の疲れがいつもより軽い!』というのに気づくはず。目が疲れにくいと、眼精疲労から来る頭痛や肩こりも軽減されるので、メガネを1本変えるだけで驚くほど多くの『楽!』が体感できるでしょう」

ニコンのレンズを取り扱うメガネ店なら『トランジションズ・エクストラアクティブ』のメガネが購入出来ます(※対応できるフレームやレンズの種類は店舗スタッフまでお問い合わせください)。価格はオープン価格です。

また現在、パリミキ・メガネの三城のグループ店舗で大規模なキャンペーンが開催中。『トラジションズ・エクストラアクティブ』対応のフレームが多数取りそろえられるので、ぜひお気に入りの1本を探しに出かけてみてはいかがですか?

パリミキ・メガネの三城キャンペーンページ
http://www.paris-miki.co.jp/products/lens/transitions/

PARIS MIKI×NIKON Transitions short ver.(YouTube)
https://youtu.be/s5ieqy8H3cY

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき