ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『天然水』ブランドから初の色つき強炭酸水登場! 『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』を飲んでみた

ts_ginger_01

各飲料メーカーから次々に登場している強炭酸水。サントリー食品からもアウトドアアイテムを手がけるスノーピークと共同開発した『サントリー 南アルプススパークリング』『サントリー 南アルプススパークリング レモン』が2018年4月に発売して好評を博しています。

同社からは、スノーピークとの共同プロジェクト「山のむこう」の第二弾として『サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』が2018年6月5日よりコンビニなどで新発売。『天然水』ブランドとしては、はじめて“色”がついたドリンクとしても注目されます。

ts_ginger_02

『クラフトスパークリング 無糖ジンジャー』が金色に近い色が付いているのは、煮込んだ高知県産のジンジャーと有機ぶどう・レモン果汁をブレンドしているため。とはいえ、糖類は100mlあたり0.5g未満に抑えられており、食品表示基準では「無糖」扱いになります。

ボトルは『南アルプススパークリング』と同様の先端が尖った形状になっています。

ts_ginger_03

サントリー食品によると、炭酸のガス圧は『南アルプススパークリング レモン』と同程度。氷を入れたグラスに入れてみると、シュワっとした泡が弾けていきます。また、キャップを開けて注ぐだけでジンジャー特有の香りがするのもポイントでしょう。

ts_ginger_04

気になるお味の方は……。じっくり煮込んだというだけあってジンジャーはそれほど辛味がなくマイルドで、炭酸の爽やかな飲み心地のあとに、ほのかなショウガの風味が口の中に感じられます。無糖なのですっきりと飲めるのも印象的です。「味がない炭酸水ではもの足りない」「甘くない味の炭酸が飲みたい」という人は試してみてはいかがでしょうか。

サントリー 南アルプススパークリング(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/water/tennensui/product/sparkling.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。