ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪質タックルの日大選手が会見 武井壮が「勝利より大切」と語る“指導者の本質”に共感の声

sosotakei

5月6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学(日大)と関西学院大学(関学大)の定期戦で、日大の選手が関学大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題。22日、違反行為をした日大の選手が都内の日本記者クラブで会見を開き、危険なタックルに及んだ経緯などについて語った。

同席した代理人は、「監督・コーチから違反行為の指示があったことを明らかにし、関係者、特に被害選手およびそのご家族に対する謝罪の第一歩ととらえている」と、会見を開くに至った背景について説明。

当該の選手は「大きな被害と多大な迷惑をかけたことを深く反省しております」と深々と頭を下げ、監督・コーチから「1プレー目から相手のクオーターバックを潰しに行け」「できなかったじゃ済まされない」「(相手選手がケガをしていれば)秋の試合でも得だろう」などの言葉を受けていたことを明かした。

当該の選手は監督・コーチの指示があったにせよ、「断れない自分の弱さがあった」とし、「今後、アメフトを続けるつもりはない」と語っている。

この会見を受け、アスリート・タレントの武井壮さんは自身の『Twitter』(@sosotakei)で、

スポーツってよ、努力して夢叶えて幸せになるためのもんだろう?大人のくだらねえ権威争いとか保身の為に子供達を扱うもんじゃねえだろうよ。。指導者の仕事はその知識と経験で最善の努力の時間を提供して世の中で生きていく為の武器や名誉、勝利より大切な人生を与えてあげることなんじゃねえのか??

と、当該選手に悪質な行為を指示したとされる監督・コーチの指導を非難。

どんな道でもそうだけど指導者の仕事ってよ、常に新しい鍛え方や戦術を研究して選手に最短で最善の努力を提供することだと思うんだよ。決して強権を翳して激務をこなさせたり利用したり自分の名誉を誇る事じゃない。選手が成功したらその努力を讃え、失敗したら指導の至らなさを嘆いて守るのが役目だよ

と、指導者としての在り方について持論を展開している。

また今回の件は、日本のスポーツ界の体制に広く当てはまる問題を孕んでいることを示唆し、

競技関係者みんなもう一度考えよう。勝利やオリンピックは当然大事だし素晴らしいよ。でもよ反則したり若者苦しめたり彼らが人生投げ出してまでも『勝たなきゃ食って行けない』ような業界じゃ未来はねえよ。勝っても負けても『あの競技を学んでるなら信頼できる』と思える人材を育むのが我々の役目だろ

と、自身もアスリートとして競技に取り組んできた立場からスポーツの未来を危惧するコメントをしている。

一連のツイートのリプライ欄には、「同感です。この謝罪会見自体が違和感しかありません」「真っ直ぐな学生の希望を夢を壊す権利なんて誰にもない」「『好きだったフットボールが、好きで無くなった…』これは指導者として最も教え子に言わせてはいけない最低な言葉だと思う…」などとフォロワーから共感の声が集まっている。

日大の内田前監督は19日の辞任会見で「すべて私の責任」と謝罪を口にするも、反則行為の指示について明言していなかった。今回の会見を受けて、日大側の対応にさらなる注目が集まっている。

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。