ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1週間洗わなくてもいい下着!? デンマークのスタートアップが開発した『Silvertech 2.0』が『Kickstarter』に登場

デンマークのスタートアップ、Organic Basics社が『Kickstarter』にて『Silvertech 2.0』というプロジェクトの資金調達をしています。3万ドル(約327万円)のゴールはすでに達成し、現在8万7000ドル(約950万円)を集めています。

Silvertech 2.0 – The World’s Most Advanced Underwear
https://www.kickstarter.com/projects/organicbasics/silvertech-20-comfortable-and-anti-microbial-under?ref=du1h8v[リンク]

Introducing SilverTech 2.0 (YouTube)
https://youtu.be/Ee3yaIUxLc4

『Silvertech 2.0』は、銀イオンを活用した『ポリジン』加工されたTシャツ(半袖、長袖)、ボクサーブリーフ、靴下、タオルのラインアップ。銀の力で99.9%のバクテリアを死滅させることができるため、月数回洗濯するだけでいいそうです。Tシャツなどの素材は100%リサイクル素材のナイロンとなっています。

トイレ用消臭剤やウェットティッシュなどが当たり前のように売られているキレイ好きな国の住人からすると、月数回洗濯するだけでいいという下着類は抵抗あるという人が多いと思います。筆者も最初は『Silvertech 2.0』はいかにもズボラな欧米人が考えそうな商品だと思っていましたが、Organic Basics社のCEOによれば「何度も洗濯することで寿命が短くなる下着類を長持ちさせるため」と、「洗濯で使われる水と電気という資源を節約するため」に開発されたのが『Silvertech 2.0』とのこと。そう言われると「キレイ好きの裏側には資源の無駄使いが隠されているのか」と、妙に納得してしまいます。

日本ではまだまだ下着は毎日替えたいという人は多いと思うので、『Silvertech 2.0』は普及しづらいのかもしれません。何事も合理的なアメリカあたりでは『Silvertech 2.0』を受入れる可能性ありでしょうね。

「洗わなくてもいい下着」というコンセプトより、「おならなどの悪臭を抑制する下着」といったコンセプトのほうが日本ではニーズがありそうです。満員電車の悪臭は、ある意味犯罪レベルでほんっとに気分が滅入りますからね。

※画像:
https://organicbasics.com/pages/press

※ソース:
https://www.kickstarter.com/projects/organicbasics/silvertech-20-comfortable-and-anti-microbial-under?ref=du1h8v
http://uk.businessinsider.com/-underwear-you-can-wear-for-weeks-without-washing-2018-5

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。