ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

麦芽感&ライムの香りと炭酸の強さが特徴的! 賛否両論のサントリー『オールフリー オールタイム』を飲んでみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サントリービール初となるペットボトル飲料『オールフリー オールタイム』。「職場でも気兼ねなく飲用できるように透明にしたということですが、ノンアルコールビール『オールフリー』ブランドのイメージが強いこともあり、ネットでは賛否両論の意見が上がっています。

※参考記事 「職場でも気兼ねなく飲用」に賛否両論 ペットボトル入りの透明なノンアルコールビール登場
https://getnews.jp/archives/2042649 [リンク]

筆者は、発表会でこの『オールフリー オールタイム』をいち早く試飲。ここではその味やポイントを紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『オールフリー』をはじめとするノンアルコールビールは「炭酸飲料」にカテゴライズされますが、この『オールフリー オールタイム』も同様です。

ひと口入れてまず感じるのが、ビールの麦芽感に加えてライムの風味。どちらもインパクトがあり、これまでのノンアルコールビールとはまったく違う味となっています。加えて、炭酸圧を『オールフリー』と比較して150%高めたということもあり、シュワッとした刺激が広がります。これが、前述の麦芽の苦味とライムのさっぱりさを強くしているように感じられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アルコール度数が0%ということもあり、ノンアルコールビールというよりはテイスト付きの炭酸水という印象だった『オールフリー オールタイム』。夕方~夜に飲まれる『オールフリー』の日常版といった位置づけの新製品ですが、透明&ペットボトルということもありオフィスや会議中に飲んでも違和感のないパッケージにもなっています。

2018年6月19日からコンビニエンスストア限定で発売されることが発表されていますが、ユーザーの反応は未知数。「普段からビールを飲みたい」という人より、「口内をさっぱりさせたい」「なんかリフレッシュしたい」という時に飲むと良い飲料といえるのではないでしょうか。

ALL-TIME オールフリー(サントリー)
https://www.suntory.co.jp/beer/allfree/alltime/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy