ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【interview】英語ができない状態で海外で起業して大変だったことは?セブで英会話学校を起業したAHGS早川社長の苦労話

先日テッカブルでお届けしたAHGS早川社長のインタビュー。英語ができない状態で起業した経緯などを話してもらった。後編ではフィリピンでの起業後の話などに迫った。

直感的にセブがくるなと起業

・海外で起業したきっかけを教えて下さい

「フィリピン人はとにかく生きてて楽しそうに感じて、そこに惹かれた」というのが理由の一つですね。日本人は収入があり経済的に豊かで、世界的に見ても環境がこれだけ恵まれているのに、夢や笑顔を失った人が多いと言われています。

フィリピンでは、例えば家がない、仕事がない等の苦境に立っても、笑顔で生きている人が多いということが僕が最初にこの地を訪れた時の衝撃でした。ある日絶望的な状況をしたフィリピン人と話をしていたら「辛いからと言って泣くわけにはいかない、周りまで泣いてしまうから。だから僕は笑うんだ」と答えたんです。どんな状況でも笑う事が出来るのは、価値観や性格ではなく、「強さ」である。その「強さ」は、自分だけではなく周囲の人たちをも笑顔にすることが出来る。その事の凄さを感じました。

自分自身、20代の頃、仕事やプライベートなど苦しい事が重なった時期もあり、一時期「つらい」「苦しい」と何かと口に出していました。それを変えてくれたのもセブだったと思います。海外に限らず、知らない土地に行って生活したり仕事をする時に一番大切なことは、その地を愛し、人々や歴史、文化をよく知り、好きになることだと思っていますが、大きなきっかけを与えてくれたのが僕にとってセブでした

・マネジメントで苦労した点はありますか?

フィリピン人に対するマネージメント経験がゼロの状態で採用を始めて、一部のフィリピン人スタッフが時間を守らなかったり、業務時間中でもお菓子を食べたりスタッフ同士で関係の無いお喋りをしている…そういったことを注意した時に、「ここはフィリピンで、私たちはフィリピン人なんだから日本の常識を押し付けないでくれ」という反論が返ってきたことですかね。

その時、なるほど、もしかしたら確かに僕の言っている事は彼らからすると、一方的に日本人の価値観を押し付けられているだけなのかもしれないな・・・と思いながらも、改めて自分自身でしっかり考えて、いきついた答えが、「日本だからとか、フィリピンだからではなく、僕はこの会社を世界で通用する企業に成長させていきたい。だからこそ世界で通用する文化、常識、制度、仕組みを自社で構築し、浸透させていく必要がある」ということでした。

そういったことをヴィジョンとして掲げた時に、世界中どこで誰と仕事をしても、変わる事のない、自社が大切にするものを決めて貫く事の重要性を思い知りました。そんな、大切にする自社のヴィジョンを考え、伝え、その為にスタッフ全員の力が必要と語ったところ、フィリピン人スタッフのパフォーマンスは上がり、国籍を超えて一体感が高まりました

これからの時代、信用を積み上げるのが大事

・事業をする上で大切にしていることを教えてください

2つあります。1つ目は、僕自身が質、量ともに誰よりも働き誰よりも結果を出し続ける。絶対にサボらないことです。社長の在り方に正解は無いと思いますが、個人的には僕は常に最前線で戦い続けたい。後方から指示しか出せなくなったら社長を降りたいと思っています。

2つ目は、信用を勝ち取り、感謝の気持ちを忘れないということですね。これだけ信用社会と言われる中で、どれだけ自分の実績と信用を積み上げていくかがこの時代のカギとなると思っています。ただ、特別な事は何もしていません。誰かから何かしらの期待をかけて頂いた時は全力でそれにお応えする努力をし、他人の悪口や陰口を一切言わない事だけ心がけています。

・今後について教えて下さい

大好きなセブで、好きな仲間たちと誇りを持ち、海外と日本の架け橋になるような事業を運営して実績を積み上げて来たので、今後はセブだけでなくアジア各国に広めていきたいと考えています。そして海外発の企業として、日本に逆進出をどんどんしていきたいとも思っていますので、日本国内での事業を拡大させていきます。

今年からオンライン英会話で、留学に来なくても日本でSkypeを使って英語レッスンを自宅でもどこでも受けれるサービスもローンチしました。

オンライン英会話自体は、他社でも色々展開していますが、弊社ではやはり多くの方にチャンスを提供するきっかけとなりたい想いから「格安」をテーマに、月額2980円で月に10レッスン受けられるプランを展開しています。現在、最初の1ヶ月は0円!というキャンペーンも展開中です。

また、現在は日本人がセブ島に来て英語を学ぶシステムですが、今後は外国人が日本語を学んで日本に行ける仕組みも作り上げて行きたいと考えています。「やりたい事」が何も無かった僕が、今ではやりたい事があり過ぎて、その一つ一つに挑戦出来る環境に感謝しています。

(執筆:テッペートダ
セブ島0円留学

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy