ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアバス、1万8000キロの超ロングフライト用飛行機「A350 XWB」の試験飛行を実施

Techableでは先日、カンタス航空が豪州パースから英国ロンドンへの約1万4498キロにも及ぶ直行便を就航させたことをお伝えした。使用された機材はボーイング787-9ドリームライナーだ。

その距離を上回るロングフライトを実現する機材を、エアバスが現在開発中で、このほどフランス・トゥールーズで初の試験飛行を実施した。

・航続距離1万8000キロ

機材は「A350 XWB」の最新型機。燃料システムを改良し、追加の燃料タンクを搭載することなしにより多くの燃料を積載できるようにした。

また主翼先のウィングレットを長くし、胴体や翼にカーボンファイバーを採用することで燃費を改善。ロールス・ロイス製のエンジンも低燃費になり、結果としてこれまでにない長距離飛行を可能にしている。航続距離は1万8000キロとのこと。

・まずはシンガポール〜NY便

この新型機はすでに世界の航空会社から注文が入っているが、まずは今年下半期にもシンガポール航空に引き渡される見込みだ。

同航空はこのロングフライト飛行機を7機発注していて、シンガポール〜ニューヨーク線に投入する予定を明らかにしている。この間の距離は1万5218キロメートルと、ノンストップ便としては世界最長となる。

今後は、これまでなかった直行便が増え、乗り換えなしには行けなかったところが“近く”なるのかもしれない。

Airbus

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy