体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“ふつう”の日本人警察官が命を落とした。1993年、カンボジアとPKOの現実

“ふつう”の日本人警察官が命を落とした。1993年、カンボジアとPKOの現実

1993年5月4日、日本が初めて本格的に参加したPKO(国連平和維持活動)の地・カンボジアで、一人の日本人隊員が「正体不明の武装勢力」に襲撃され、殺された。

その隊員の名は高田晴行。年齢は33歳(当時)。職業は警察官。

専修大学を卒業し、警察官を志して地元に帰郷。カンボジアに派遣された1992年当時は岡山県警で機動隊の小隊長だった。階級は警部補(殉職後、二階級特進して警視)。

なぜ彼は、カンボジアで命を落とさねばならなかったのか。

NHK大阪局報道部のディレクター旗手啓介氏によって執筆された『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』(講談社刊)は、高田隊員の死を通して、国連平和維持活動の現実を私たちに突きつける。

同書は2016年8月13日に放送されたNHKスペシャル「ある文民警官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」(同年11月26日には、NHK BS 1で「PKO 23年目の告白」前後編で100分に再編成されて放映された)の取材をもとに、改めて書き下ろされたノンフィクションだ。

カンボジアPKOについては、国連の軍事部門に自衛隊が初めて海外派遣されたことがクローズアップされがちだが、実は“ふつうの”警察官も「文民警察官」として派遣されていた。

文民警察官とは、軍事部門でなく、文民(シビリアン)つまり、武器を持たない丸腰の警察官で、現地警察への「指導」や「監視」がその役割だった。

ではどうして、警察官が派遣されたのか?

この派遣の背景の一つには、1992年に制定されたPKO協力法がある。1991年の湾岸戦争で、多国籍軍に参加するようアメリカから強い要請があったのにもかかわらず、人を派遣せず、代わりに130億ドルもの戦費を払ったため、「小切手外交」などと国際社会から非難を浴びた日本の政府・外務省は、次のPKOでは、金銭面だけでなく「人的な面での国際貢献」することが悲願となっていたのだ。

ちょうどそのとき、長らく続いたカンボジアの内戦が終息に向けて進んでいた。1989年にはフランスのパリでカンボジア和平に関する会議が開かれ、そこに日本も出席、〝アジアの大国〟として日本はカンボジア和平に深くコミットしていくことになる。

そして1991年、パリでの国際会議でカンボジア国内四派の間で停戦合意がなされ、20年におよんだカンボジア内戦が終結。その後に展開されるPKOで「顔を見える外交」を目論む日本は、カンボジア再建の第一歩となる民主的な総選挙の実施を目指す「国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)」に、本格的に人員を派遣することを視野に入れていた。

PKO協力法の法案作成を進めていた当時、外務省条約局長だった柳井俊二氏は自衛隊の派遣を念頭としていたが、国連がPKOに文民警察部門を新たに加えていたことから、警察官の派遣も前提に法案作成を進めることになったというが、「武器を携行する自衛隊だけ送るより、文民警察、つまり(丸腰で武器を携行しない)警察官も参加するということになれば、自衛隊派遣をめぐる世論の風当たりも弱くなるのでは、という読みがあった」と見る政府関係者もいた。

自衛隊の海外派遣は違憲ではないかという声もあがったが、以下の「PKO参加五原則」と呼ばれるものを派遣の条件とし、難産の末にPKO協力法が施行された。

1、紛争当事者間の停戦合意の成立

2、紛争当事者の受け入れ同意

3、中立性の厳守

4、上記の原則が満たされない場合の撤収

5、武器の使用は必要最小限

しかし、カンボジアに日本のPKO部隊が派遣されてから間もなく、カンボジア内戦の紛争当事者の中でも、過激な勢力であるポル・ポト派が停戦違反を繰り返すようになり、五原則の一番目が崩れているのではないかという見方が強くなっていく。

■武器不携帯が原則の中で「自動小銃を現地で買った」

1992年に文民警察官としてカンボジアに派遣された、日本人警察官は75人。

旗手氏らNHK取材班はそのうちの22名へのインタビューに成功し、さらに当時、彼らが記録していた手記(日記)や、普及し始めた家庭用ホームビデオで撮影した映像などから、彼らが置かれていた状況をあぶり出す。

「取材の中で衝撃を受けたことの一つは、自動小銃を現場で購入していたという話でした。これは実はあってはならないことで、文民警察は、どの国でも武器の不携帯が原則です。自分の身を守るものは防弾チョッキだけ。ところが、隊員たちが置かれていた状況を聞くと、所持しても仕方がないと思えるほどの環境だったんです。

隊員の一人で中南部のポニアレック郡に派遣されていた脇田慶和さんは、その緊張状態から同僚だったバングラデシュの警察官に100ドル支払って、勤務を代わってもらっていたそうです。しかし、その警察官が銃撃にあい、足を負傷してしまった。脇田さんはそのことを深く反省されますが、そのくらい生死が隣り合わせの環境に日本の文民警察官が派遣されていたということです」(旗手氏)

本書を読むと分かるが、時を追うにつれてカンボジアは、ゲリラ的な行動を活発化するポル・ポト派の反抗が激しくなり、再び激しい内戦状態になっていったことがうかがえる。

しかし、75人の隊員の母国・日本にはそうした治安情勢が不安定になっていく各地の情報はなかなか伝わらなかった。特に文民警察についてのニュースはほとんど報じられなかったという。

「派遣前に焦点となった自衛隊は、有事があってはたいへんということで、カンボジアでも治安のもっともいいタケオに駐屯することになりました。情勢がどんどん緊迫する中、自衛隊の任務や安全については報道されていましたが、文民警察についての報道はまったくといっていいくらいなかったのです。だから、家族の方々は本当に何が起きているのか分からなかったと思いますね」(旗手氏)

旗手氏らによる取材は、2015年11月頃からスタートした。きっかけは、この本の担当編集者から、日本文民警察隊の隊長だった山崎裕人氏を紹介されたことだった。山崎氏は、高田氏の非業の死、そして当時のことを清算できないままジレンマを抱えながら、手記や報告文書を保管していた。

「私は1979年の生まれなので、当時は中学3年生でした。カンボジアに派遣されていた人が亡くなられたというニュースがあったことは覚えていましたが、恥ずかしながら、どういう状況だったのか、何が起きていたのかは全く知らないままでした。

最初に山崎隊長にお会いして、報告文書を読ませていただいたのですが、表紙をめくるとすぐに『隊長失格』という文字が飛び込んできたんです。なので、なぜこの記録を公開しようと思ったのかを聞くと、自分たちの活動が歴史の中に埋もれてしまっていることに忸怩たる思いがあるとおっしゃいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。