ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「Adobe Premiere Clip」でスマホ動画をプロっぽい仕上がりにする

スマートフォンで撮影した沢山の動画を SNS でシェアしたり、YouTube 等にアップロードする時にはよくそれらをハイライトムービーにしますが、そういう時には「Adobe Premiere Clip」アプリを使うと、プロっぽい仕上がりの作品を簡単に作成することができます。
Premiere Clip は、複数の写真や動画を一本のムービーにする動画編集アプリで、自動編集モードとカスタム編集モードが備わっており、スマートフォンでの動画編集に求められるいかに簡単かつスピーディーに作成できるのかを十分に満たすそんなアプリです。
自動ムービー作成アプリは他にも多数存在していますが、Premiere Clip には BGM のテンポに合わせて素材を自動的にトリミングして並べたり、作品を高品質な仕上がりにする機能が多く備わっているので、単なるスマホ編集動画でもハイクオリティな作品に仕上げることができる点で他のアプリとは大きく違います。
例えば、速度を調節してシーンの切り替わりスピードを変更することによって、作品にスピード感を出したり、また逆にクリップ再生時間を全体的に長くしてゆったりとして雰囲気に仕上げることができます。
また、クリップごとに露出、ハイライト、シャドウを補正する機能を利用すると、素材そのものの色合いを補正することができます。
さらに、カスタム編集モードにおいてトリミングされたクリップを自分好みの尺に変更する時でも BGM にマッチする部分にピッタリと合わせることができるので、面倒なシーンの繋作業で微調整する必要はありません。
他にも、クリップごとにボリュームを調節したり、オーディオのクロスフェードを設定したり、作品の開始・終了時のフェードイン・フェードアウト、オーディオのクロスフェードを有効にしたり、クリップの複製や分割など、本格的な動画編集ソフトの機能も一部備えています。
こられを駆使すると、シーンの切り替わりがスムーズな仕上がりの動画を作りあげることができます。
次の動画はスマホ・・・ではなく、ドローンの空撮動画なのですが、Premiere Clip の自動モードで作成し、一部をカスタム編集モードで調整しました。
制作時間は 10 分ほどです。
Premiere Clip」(Google Play)

■関連記事
Bullitt Mobile、FLiR赤外線サーマルカメラを備えた「CAT S61」を発表、測量や空気の調査も可能に
GoProのデータ管理を楽にする「GoPro Plus」、充電するだけで自動アップロード、スマホでもタブレットでも視聴可能に
ASUS、6インチ18:9スマホ「ZenFone 5 Lite / 5Q(ZC600KL)」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy