ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.3)

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビュー(vol.3)

 漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の『ディエンビエンフー』は物語が完結せずに終了した。物語は未完のままで終わるかと思いきや、双葉社から声がかかり『ディエンビエンフー TRUE END』として連載が始まった。『TRUE END』は最速3巻で完結するということが決まっている。

 2月10日には2巻が発売され、2月14日には双子のライオン堂からベトナムについてのエッセイ漫画『アオザイ通信完全版#2 歴史と戦争』も発売になり、9月には最終巻3巻の発売も決まっている。代表作でありながらも、二度の雑誌休刊に立ち会い、3社の版元を渡り歩くという文字通り「ドロ沼の戦争」「終わりなき戦争」と化した大長編『ディエンビエンフー』シリーズについて西島さんにお話を聞かせていただきました。

■3巻までしか出せないから生まれた『TRUE END』構想

―― 『IKKI』版が全巻12巻まで出て、『月刊アクション』で連載する前にはクラウドファンディングしようかなって話もされてましたよね。

西島 移籍先が見つかる前ですね。2014年に『世界の終わりのいずこねこ』という映画をクラウドファンディングで作ったことがあったので、二度の未完に見舞われた『ディエンビエンフー』なら、「自費でも続きを読みたい」という読者はいてくれるだろうとは思いました。

クラウドファンディングのコンサル担当の方とも打ち合わせを重ねましたが、クラウドファンディングはピンポイントで盛り上がるけどじわじわとは広がりにくいし、ワガママな僕が「お願いします、お金をください」っていうのも違うなと判断しました。

―― その流れで『ディエンビエンフー』の設定集でもある画集『The ART of Dien Bien Phu』が出版されたんですか?

西島 設定集はグラフィック社に籍を置くフリーの編集さんからのご依頼でした。実は、双葉社移籍の前に『ディエンビエンフー』継続のためのウェブ媒体が予定されていて、それとセットで設定集の企画が立ち上がりました。その企画は媒体ごと消えてしまって、でも担当さんがせめて画集だけでも出しましょうと言ってくれて刊行したのが『The ART of Dien Bien Phu』です。

―― ウェブ移行の話は知らなかったです。

西島 僕も消えてからどうなったのか知らないです。でも完全に新規にレーベルを作る形だったので、それが動いていたら「TRUE END」と仕切り直さず、13巻以降のトーナメント・バトルを続けられたと思います。

―― そこから双葉社で連載を再開することになったのはどういう流れがあったんですか?

西島 『The ART of Dien Bien Phu』の担当さんは漫画雑誌の編集などの経験を積んだベテランの編集者さんだったので、ウェブ企画が消えたなら別の場所でと双葉社の『月刊アクション』を紹介してくれました。だから設定集はプレゼン資料のようなものですね。

12巻も続くと概要を説明できないし、でも『The ART of Dien Bien Phu』を読めば大体わかる。だから帯も「続きを描く気は200%あります」です。双葉社に打ち合わせに行ったら、『月刊アクション』編集長さんと、編集部内で手を挙げてくれた担当さんがいて、その場で移籍が決まりました。

―― その場で?

西島 ええ、「200%あります」と言いつつ、心のどこかでは「未完も運命、求められないのならば受け入れよう」と諦めていたので、移籍の決定は驚きました。嬉しかったし、帰り道、信じられなかった。

―― 最初の打ち合わせの時点で3巻までって言われてたんですか?

西島 それも含めて、初めての顔合わせでまとまったことです。僕としては、いきなり13巻から載せてくれるのでもいいし、復刊してくれるなら全巻出してくれたら嬉しい。しかし、12冊も引き受けて、そこから続きを描かせるなんて出版社としては難しい。

―― そこで「TRUE END」という発想が出てきた。

西島 僕は、その瞬間までトーナメント・バトルの続きを描く気満々でいました。設定集にもカンボジアの戦士「コンポン」や、CIAの「ショーンZ」ってキャラを描いていますが、彼らを登場させて続ける気でいました。その時、担当編集さんが「実はわたし6巻までしか読んでいない」と正直に言ってくれて。二部からは追いかけられてないと。これはとても勇気を出して言ってくれたことだと思います。

「読者は、ティムと大佐、お姫さま、ヒカルの結末が知りたい」とのことで、なるほどそうだなと思いました。連載作品として美しい形がまとまっているのが「IKKI」版第一部で、二部も三部もそうではないし、一部のラストを回収してくれれば読者は一番嬉しいはずだと。

―― まあ、確かにそうですよね。

西島 僕は、第三部のトーナメント・バトル化を間違っているとは思っていなくて、三部は休刊に対するアンチテーゼや悲しみではあるけれど、予定通りでもあるんです。トーナメントを勝ち上がると、ヤーボVSおばあちゃんは避けられないし、お姫さまVSティムにたどり着く。実際設定集に載っている「全体構想図」と照らし合わせても齟齬はない。

―― ストーリー自体はきちんと続いてましたしね。

西島 オリンピックを戦時下に開く意味を登場人物に語らせているじゃないですか。あれは2020年の東京五輪にも繋がる考えです。

―― アンチテーゼが過ぎますけどね。もはや悪意がある(笑)。

西島 ベルリン・オリンピックなんて、ナチスドイツがオリンピックを仕切っているわけで、だからベトナム戦争下で天下一武道会が始まっても間違っていない。

―― オリンピックというのは利用されるものですからね。

西島 古代オリンピックは戦争を止めてまで開催したとJOC(*)も言っています。ね、正しいでしょ、ホーチミン・カップ。

(*)日本オリンピック協会公式サイトより
https://www.joc.or.jp/column/olympic/history/001.html

―― そういうものがきちんと作品の中に入ってる。

西島 だから、第三部はみんなが言うほど間違ってないと思うんです。実は自棄ではなく、むしろ僕のすごく丁寧さが出ている。

―― それが読者に一番伝わりづらい西島さんのいい部分ですよね。

西島 担当さんからそう言われて、その場で思いついたのが「TRUE END」構想です。第一部までしか追えていないなら、そこから飛んでつながる新作を描けばいい。仮に第二部を読んでいなくても、スムーズに読めるように構成できるし、齟齬はない。そうすれば6巻までの復刊で問題ないし、版元のリスクも軽減できる。ただ、11、12巻だけはどうにもならない。トーナメント・バトルはぶっ飛びすぎていて、齟齬が発生してしまう。

1 2 3次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy