体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYの冬は、とっても寒くてとっても暑い!?マンション事情【ベイカー恵利沙の憧れNY/Vol.4】

NYの冬は、とっても寒くてとっても暑い!?マンション事情【ベイカー恵利沙の憧れNY/Vol.4】

モデル/スタイリストのベイカー恵利沙が綴る、NYでの生活。第4回は、冬の暮らしについて。NYの大寒波はニュースにもなっていたけれど、お部屋のなかは常夏!? 冬のおすすめお出かけスポットもご紹介します。

外はマイナス14度。

私はいま、ベッドで汗をかきながらこの記事を書いている。
そう、NYの冬は暑いのです(!)

NYから東京に越してきた友達が、東京の冬は寒いって言っていたのを思い出す。Ω極寒のNYから来て、なんてことを言うんだろうと思っていたけど、いまなら言っていることが分かる! 東京の冬はとっても寒い……。

NYのほとんどの建物にはセントラルヒーティングが入っています。

セントラルヒーティングというのは「一つのボイラーが、家じゅうの暖房が必要なところへ熱を送り届ける暖房方式」のこと。
寒くなると管理人さんや大家さんがこのセントラルヒーティングを入れてくれて、家中に熱を届けてくれるのです。

「入れてくれる」というより、実はこれは、こちらの法律で決まっています。
外気温が一定を下回ると、家主はセントラルヒーティングを入れなければならない、と決まっているのです。それも1日中!

なので、よっぽど突然に外の気温が上がらない限り、NYは冬の間ずうっと、セントラルヒーティングがついています。

 

セントラルヒーティングのメリット・デメリットは、どちらも「暖かい」こと

セントラルヒーティングのいいところは、家じゅうに熱を送るので、廊下もトイレもキッチンも玄関もどこも、24時間ずっと暖かいところ。寒いところがひとつもないのです。
日本からうちに泊まりに来た友達が「寒くてベッドから出られない、とか、床に足をついた瞬間足がひやっとする、とかがない!」って言っていたのを聞いて、東京の冬を思い出した!

そうだった、日本ではお風呂から出たあとも、洗面所で体がぶるっと寒いんだった!
朝寒くてお布団から出られなくて、愛猫バディちゃんと毛布のなかにくるまっていたんだった!

その感じが、NYのお家は一切ありません。そう、NYは、底冷えしないのです。

その一方、セントラルヒーティングの悪いところは、温度が一括管理のため、各部屋で調整ができないこと。一つの建物で同じ温度にするから、部屋のサイズやヒーターのある場所によって体感温度が変わります。

だから、室内が暑すぎて窓を開けてるなんて話は日常茶飯事!
わたしの部屋はなかなか大きいけれど、それでも部屋ではキャミソールで過ごしています。
もちろん外は寒いし、実はマイナス14度なんてなると寒いというより痛いのですが、肌をすべて隠せば意外と大丈夫。

防寒対策は、着込むのではなく、隠す!
手とか首とか、うっかり出しちゃったら気づかないうちに凍ってしまうので笑、手袋をして、マフラーで顔まで覆って、フードをかぶることはマストだけれど、実はコートのなかは薄着なの。

だって室内に入るたびにとても暑いから!

 

体感温度は、NYよりも東京のほうが寒い!?

これもまた不思議な話なのですが、NYに来る前に意気込んで大量に買い込んだヒートテック、冬になってから一度も着ていないのです!笑
ホッカイロも一度も使ったことない。

日本にいるときは、ヒートテックを2枚着てお腹と背中にホッカイロを貼っていたのに!
NYの冬は、いつもブラウス1枚とかニット1枚にコートだけ、です。
こちらの方たち、なかは半袖のひとも普通にいます。

マイナス14度とかまでいくと、わざわざ外を何時間も歩くような過ごし方はしないし、
室内に入ればどこにいても暑いくらいだし、
家は玄関から24時間ずっと暖かい。(たったいま窓を開けました、暑い笑)(外はマイナス14度)

つまり、なんだか寒いなんて感じる瞬間がないのです。
体が冷える感じもないし、やっぱり東京の方が寒かった気がする!笑

あとは風かな、日本の冬は北風がぴゅうぴゅう吹くけれど、NYはあまり風がないので、寒いというよりやっぱり痛い。
風が吹いちゃうと息が止まるほど寒いけれど。笑

調べてみると、北海道とかもセントラルヒーティングのようで、どうやらこの感じは本当に“寒い地域のあるある”なのかもしれない!(あぁ部屋暑い)

 

寒い日にもおすすめのお出かけスポット

というわけで、寒い日にオススメしたい、休日の過ごし方。
わたしは『ブルックリン・フリーマーケット』に行きます♡
週末開催の『ブルックリン・フリーマーケット』が、夏期は外で行われるけれど、冬期は室内に移動するのです。開催場所や時間は変わることもあるので、Webを必ずCHECKしてくださいね。

冬のあいだの会場になっているIndustry Cityは、川沿いの大きな倉庫のようなイベント会場。曜日や季節によって、いつも違うイベントを開催しています。
常設のフードコートもとっても楽しくて、わたしはここのお肉屋さん『ENDS MEAT』のサンドイッチが、いまのところNYじゅうで一番おいしいと思っている!!♡

▲ここにしかないお肉屋さんなので、行かれる際はぜひ食べてみてね。

▲ポークのサンドイッチがおすすめです♡

腹ごしらえをしたらいざマーケットへ。約60もの小さいvintage shopが並んでいます。

年代も買いつけ場所も、それぞれのshopの個性が光ります。オーナーの方と話をするのも楽しい! どこの国のいつの時代のものなのか、オーナーそれぞれご自慢の買いつけトークをしてくれます。エピソードを知ると、よりいっそう愛着が湧くのがvintage♡

お洋服やアクセサリーはもちろん、雑貨や家具、昔の広告やガラクタ?(笑)まで、なんでもあります。

カメラやファッション小物、手作りのキャンドルやボディークリームなども販売しています。

何回行っても楽しくて、1日中いられちゃう! わたしはよくアクセサリーや雑貨を買います。
Industry Cityはこのフリーマーケットのほかにも、イベントがたくさん。別会場では、ブランドのサンプルセールやスモーガズバーグ(NYじゅうの人気のごはん屋さんが集まるマーケット)などが行われたりしています。

ぜひ、Webサイトやインスタグラムで情報を集めてから訪れてね!

以上、
本当は暑い? NYの寒い日の過ごし方でした♡

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。