ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

木製フレームがおしゃれな自転車「My Esel」は自分の体型や好みに合わせてオーダー!

自転車のサドルの高さを調整しても、乗り心地がしっくりこない、ということはある。

それはそうだろう。手足の長さなどは人によって違うのだから、似たような体型なのにAさんには快適な自転車が、Bさんには苦痛だったりすることもある。

そんな悩みを解決するオーダーメード自転車「My Esel」が、大量注文に対応できる体制となった。

・フレームの形状を算出

注文はサイトで受け付けている。My Eselのサイトのコンフィギュレーターを使って自分の身体のサイズを入力すると、同社独自のアルゴリズムが注文者の体型にあったフレームの形状などを算出してくれる。

つまり、それぞれの自転車はフレームのデザインやサイズなどが微妙に異なってくる。これは、フレーム素材を木製にするからこそできることで、データに基づいて板から切り出し、組み立てという工程を経る。

・座りスタイルも選べる

また、自転車のタイプも選択できる。長い時間乗ることを想定した「Comfort」と、街乗り用の「Urban」の2タイプ。座った時の姿勢が若干異なり、Urbanだとやや前傾姿勢となる。

加えて、フレームやサドルの色、変速機の種類なども選べるようになっていて、まさに“理想のマイバイク”をつくる楽しさも味わえる。

My Eselはオーストリア人Christoph Frandorferさんが、自身の体験をもとに創業し、このほど、大量の注文にも対応できる体制になった。サイトは英語とドイツ語表記で、世界中どこにでも発送してくれる。

My Esel

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy