ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水深100メートルから4Kストリーミングする水中ドローン「FIFISH P3」が画期的!

ドローンが浸透しつつある昨今、これまでなじみの薄かった上空からの映像を手軽に楽しめる時代になった。そして、いま、ドローンは水中へと向かうようだ。

このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場したのは、4Kの水中映像をリアルタイムに届けてくれるドローン「FIFISH P3」。手元のコントローラーで自由自在に動かし、内蔵するスタビライザーでブレのない映像を撮ることができる。

・ジョイスティックで操作

空に飛ばすドローンと大きく異なるのは、FIFISH P3の場合、コントローラーとケーブルでつなげる必要があること。しかし、だからといって自由がきかないわけではなく、コントローラーのジョイスティックで思いのままに操作できる。

そしてこのケーブルのおかげでコントローラーにセットしたスマホやタブレットのスクリーンにFIFISH P3がとらえた映像をストリーミングできるのだ。あたかも、自分が水中を泳いでいるような感覚が味わえそうだ。

・強力LED搭載

FIFISH P3は機能面でも申し分ない。ソニー製CMOSセンサーを搭載し、レンズの画角は162度。最大4Kの映像を楽しめ、静止画は20メガピクセルとなっている。

また、水深100メートルまでと活動可能範囲も広い。深くなればなるほど太陽光が届きにくくなるが、FIFISH P3は4000ルーメンと強力なライトを搭載しているので、暗すぎて何も見えない、ということはなさそう。

バッテリー容量は8100mAhあり、2時間駆動する。スキューバダイビングなどに比べるとはるかに長い。FIFISH P3を使って水中探検してもいいし、撮影にじっくり取り組むのもいい。

水中撮影というと、これまでプロの領域だったが、FIFISH P3のように素人でも操作できる水中ドローンの登場で、これからSNSなどに驚くような水中写真やビデオが増えてくるのかもしれない。

FIFISH P3は現在、Indiegogoで1999ドル(約22万円)〜の出資で入手できる。すでに資金調達の目標額は達成し、あと1カ月ほど出資を受け付けたのち5月にも発送が始まる見込みだ。

FIFISH P3/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy