ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2012年04月30日~05月06日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年04月30日~05月06日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:獅子座

運気は絶好調に。この大型連休を利用して何かを学ぼうとすると更に幸運を呼ぶことができそうです。以前から興味があった分野や資格の本を読んだり勉強をする時間を持つと良いかもしれません。注意が必要なのは金銭運。連休だからと財布のヒモが緩んでしまいそう。

第2位:双子座

運気は好調。感性が鋭くなっている時期なので美術館やコンサートなどに出掛けると吉。いつもと視点を変えて鑑賞すると更に得るものがたくさんありそうです。金銭運も好調。クジに当たるなど思わぬラッキーに恵まれるかも。周囲へ気配りを忘れないことが幸運の鍵。

第3位:射手座

旅行やレジャーに浮かれるのも良いですが休み明けに備えてしっかり休んでおくことが大切な週となります。あまり無理にスケジュールを詰めることがないように配慮しましょう。知性に磨きがかかる時期なので博物館や図書館など知的好奇心をくすぐる場所が幸運の鍵。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( https://getnews.jp/archives/201166 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:水瓶座
思いきり楽しいときが続いたかと思えばトラブルに見舞われるなど吉凶が入り混じる週となりそうです。強引に押し切ろうとするのは却って事態の悪化を招くので禁物。焦らずじっくり取り組むことが最善の策となるでしょう。天真爛漫な笑顔が幸運を呼ぶ鍵となります。

第5位:蠍座
思い立ったら吉日です。過去に諦めたことや頓挫したことに再挑戦する機会がめぐってくるかもしれません。迅速な行動や決断がチャンスをつかむ鍵となります。対人運が好調なので友好を深めるのも良さそう。ただし心が不安定になりやすい時期なので休息も大切にして。

第6位:魚座
気持ちが浮ついて普段より失言が多くなってしまいそう。落ち着いた言動を心掛けるようにしましょう。冗談のつもりが冗談ではすまされないことになりかねません。ただし対人運そのものは好調なので多くの人と逢って話す機会を持つことは良い結果につながるでしょう。

第7位:蟹座
連絡手段は事前にきちんと打ち合わせておきましょう。行き違いで途方に暮れてしまう兆しが出ています。この連休を意欲的に思いきり楽しむためには事前準備をきちんとしておくことがポイントです。また自分の方法や意見をごり押しするのではなく協調性を大切にして。

第8位:天秤座
大型連休だからといってあれもやろうこれもやろうと詰め込み過ぎは禁物。昼夜逆転したり外食ばかりになるなど生活習慣が乱れると運気は下り坂に。しっかりと計画を立てた行動がツキを呼ぶ秘けつです。水辺へのレジャーには注意が必要。事前の準備をおこたりなく。

第9位:牡羊座
健康運に陰りが見える週となりそうです。ゴールデンウィークは精力的に動き回るより静かな場所を選んだりこまめに休憩をとるなどして体調管理に気をつけましょう。でないと後になってぐったり寝込むなんてことになりかねません。イライラもたまりやすいので注意。

第10位:山羊座
物事が大きく動き出そうとしている時期です。しかし最初のうちは思うように運ばず自分の力不足を痛感することもあるでしょう。開き直ったりヤケになるのではなく謙虚に受け止める姿勢がその後の成長を手助けします。失敗をしたら反省し次に生かす努力が肝要です。

第11位:乙女座
思うように動けずストレスや疲労がたまるゴールデンウィークとなるかもしれません。自分の意見に固執せず不満や不安は周囲の人ととことんまで話し合うことが解決への近道に。ワンマンで押し切ろうとするとうまくいかず却って自信喪失につながってしまうでしょう。

第12位:牡牛座
運気は低調。連休の解放感に浮き足立っていると足許をすくわれることになりかねません。ささいなことで機嫌をそこねたりイライラするのは禁物。自分ばかりが大変と考えると心に余裕がなくなって周囲と衝突することになります。我慢を覚えることが今週の課題です。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。