ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カナダ発のトレーラーハウス「Ébène」は温水床暖房システムで極寒の冬でも快適!

最近、洒落たトレーラーハウスが増えてきている。狭い空間を上手に使い、家電も充実して住み心地も悪くなさそう。でも、冬はやはり寒いのでは?と思う方もいるだろう。

今回紹介するカナダ発の「Ébène」は温水による床暖房システムを搭載し、氷点下の寒さでも快適に過ごせるというもの。加えて、シックで洗練されたデザインも素敵なトレーラーハウスだ。

・リビングには電気暖炉も

Ébèneはカナダ・ケベック州拠点のMinimalisteが設計。冬の寒さが厳しいことで知られるケベックだけに、防寒設備には力が入っている。

室内は温水による床暖房システムが張り巡らされ、外が零下になろうとも暖かさを維持する。なんと外気マイナス40度まで快適に過ごせるのだという。

また、リビングスペースには電気暖炉も備えているといった力の入れようだ。

・寝室はロフトタイプ2つ

Ébèneの大きさは11×3メートル、床面積は33平方メートル。キッチン、浴室、そしてロフトタイプのベッドルーム2部屋を備える。

室内は木材がふんだんに使われ、インテリアもおしゃれ。トレーラーハウスという言葉から連想される簡易性とはかけ離れた、リゾート地にあるコテージのようなデザインだ。

このトレーラーハウス、カナダ国内でのみの展開で、価格は非公表。貸別荘のように使うというのもありなのかもしれない。

Ébène

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy