ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タグホイヤーの新スマートウォッチは小振りサイズでAndoroid搭載!

高級時計メーカーのタグホイヤーは、現在展開しているスマートウォッチ「Connected Modular」シリーズに、小振りのタイプ「Connected Modular 41」を加える。

従来タイプではちょっと大きすぎるという人にぴったりのサイズ。7つのモデルが用意されてベゼルなどをチョイスできるほか、ストラップは9種類から選べる。

・直径が4ミリ小さく

従来のConnected Modularは直径45ミリで、今回は4ミリ小さい41ミリ。わずか4ミリの違いだが、それでもフィット感や存在感などが違ってくる。

特に手首の細い人にとって45ミリは大きい場合が多く、41ミリならしっくりきそうだ。

・機能アップグレードも

サイズが小さくなっただけでなく、今回若干アップグレードもしている。スクリーンの解像度は390×390ピクセル。RAM1GB、ストレージは8GBある。

OSはAndroid Wear 2.0で、Andoroid 4.4〜/iOS 9〜の端末と連携。GPSを搭載し、NFCやAndroid Payにも対応する。

おしゃれで、かつ高機能、そしてネームバリューのあるブランドとあってお値段は1200ドル(約13万2000円)〜となっている。

Tag Heuer

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。