ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ARゴーグル「Magic Leap One」、デベロッパー向けに2018年出荷

なにやらすごいAR技術を開発中らしい、と噂されていたもののずっと謎のままだったスタートアップの「Magic Leap」。Googleなどから何百万ドルもの巨額資金を調達したことでも注目されてきた。

そのMagic Leapがこのほど、ARゴーグル「Magic Leap One Creator Edition」を発表した。現実とARの見分けがつかないような体験を提供できるのが売りで、デベロッパー向けに2018年にも出荷が始まる。

・既存ヘッドセットよりは小さく

Magic Leap Oneは、ゴーグルにウェアラブルミニコンピューター、手に持つコントローラーがセットになっている。

ゴーグルは、現在一般的なARヘッドセットより小さく、水泳用ゴーグルをいかつくしたようなデザインだ。

・長時間使用時の疲労を軽減

最大の特徴は「デジタルライトフィールド」と呼ぶ技術。コンピューターで生成されたオブジェを実在するかのように現実の世界に表示するというものだ。

これは、長さの異なる光を自然光とブレンドすることで可能になっているとのこと。この技術により、長時間使用時の疲労を軽減できるのだという。

商品名にある通り、今回はデベロッパー向けのもの。2018年に出荷を開始し、SDKも公開する。価格や、今後のコンユーマー向けの展開などについては発表されていない。

Magic Leap

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy