体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんばグランド花月が生まれ変わった! 芸人115人が「いらっしゃーい!」で幕開け

dsc_1164

2017年9月下旬からの大規模改修工事を終え、笑いの殿堂・なんばグランド花月(NGK)がリニューアルオープンを迎えました。老朽化したなんば花月に代わる劇場として1987年に開業したNGK。今回のリニューアルに伴い、施設1階と2階に飲食店や土産物店などの新規テナントを迎えてパワーアップしています。

オープニングセレモニーに芸人総勢115人が集結

dsc_1146

リニューアルオープン当日となった12月21日、テープカットの催しには吉本興業の吉野伊佐男会長、大﨑洋社長を始め、桂文枝、西川きよし、中田カウス・ボタン、桂文珍、今くるよ、坂田利夫、宮川大助・花子、西川のりお・上方よしお、大木こだまひびき、池乃めだか、ハイヒール モモコなど、よしもとを代表する大御所芸人たちが登場。

dsc_1042 dsc_1045 dsc_1001 dsc_1077 dsc_1128 dsc_1074 dsc_0987 dsc_0988

「NHK朝ドラ『わろてんか』のモデルになっている吉本せいが寄席小屋を立ち上げてから105年間、我々は劇場からお笑いを発信してまいりました。これからも劇場にお越しの皆様にお笑いをお届けして、笑顔で帰っていただける劇場にしていきたいと思います」(吉野会長)との挨拶に続き、くす玉が割れて「祝なんばグランド花月RE-OPEN」の垂れ幕が現れると、沿道を行く人たちからも大きな拍手が沸き起こりました。

dsc_1084 dsc_1174

さらに、山田花子、島田珠代、ダイアン、笑い飯、ジャルジャルなどが玄関口に姿を現し、総勢115人の芸人が集まる華やかなオープニングに。全員が参加した「いらっしゃーい!」の掛け声でセレモニーを締めくくりました。

大入りとなった“RE-OPEN記念特別公演”

dsc_1185

その後開催された“RE-OPEN記念特別公演”は、「よくいらっしゃっているお客さんは何がリニューアルしたか分からないと思います。楽屋がキレイになりました」(桂文枝)、「30年前に(横山)やすしさんとこの劇場のこけら落としに参加しました。これからも初心を忘れずに頑張っていきます」(西川きよし)と、出演者による口上で幕開け。

dsc_1190

トップ出番の海原やすよ・ともこを筆頭に、和牛、笑い飯、ウーマンラッシュアワー、西川きよし、トミーズ、西川のりお・上方よしお、桂文枝と続く豪華出演者による漫才・落語、そして内場勝則・辻本茂雄2大座長が7年ぶりの共演となった吉本新喜劇を上演。

dsc_1210 dsc_1230 dsc_1242 dsc_1263 dsc_1274 dsc_1284 dsc_1285 dsc_1295 dsc_1303

大入り満員となった客席は、万雷の拍手と爆笑の渦に包まれました。

なんばグランド花月公式サイト:
http://www.yoshimoto.co.jp/ngk/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。