体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「やりたいことが見つからない…」そんな中で、私はこうして“未経験”の世界へ飛び込んだ――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論

プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。しかしこれまでの道のりは決して平坦なものではなかった。プロ格闘家の夢は叶えたが、なかなか納得の行く結果が出せない日々。そしてプライベートでは結婚、妊娠、離婚。さまざまな苦難を乗り越え、新たな歴史の1ページを作った戦うシングルマザーの生き様に迫った。前回(第1回目)はこちらf:id:kashiemi:20171107141352j:plain

吉田実代(よしだ・みよ)

EBISU K’s BOX所属のプロボクサー。1988年、鹿児島市生まれ。20歳の時、ハワイに格闘技留学。帰国後、キックボクシング、総合格闘技、シュートボクシングなどに参戦し、2014年ボクシングに転向。デビュー戦後に妊娠、結婚。出産のブランクを経て、2016年復帰。2017 10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで高野人母美と対戦。3-0の判定で勝利、初代日本女子プロボクシングバンタム級王者に輝いた。ボクシングでの戦績は9戦8勝1敗。東洋太平洋スーパーフライ級1位。日本バンタム級チャンピオン。育児、仕事、ボクシングの“三足のわらじ”を履く戦うシングルマザーとして注目を集めている。

ボクシングの魅力

──身を削るような思いをしてまでボクシングを続けてるってことは相当ボクシングが好きなんですね。

そうですね。すごく好きです。妊娠がわかった時もボクシングを辞めないといけないと思いつつ、ずっとボクシングのことが頭の中にありましたし。子どもを産んだ時もすごくうれしかったけれど、ボクシングをもっとやりたかったなと悔いが残っていましたから。

──ボクシングの魅力は?

ひと言で言うと奥が深いってことでしょうか。試合までのプロセス、積み重ねが濃いんですよね。そうしないと勝てないしみんな勝つために必死に真剣にやってるところも好きです。技術的にもパンチを当てるのってすごく難しいんですね。針の穴を通すような高い精度や駆け引きが求められます。どんなに練習したり試合をしてもなかなか思うような動きができません。そこを追及するのが楽しいのだと思います。

──あのまばゆいリングの上に立って戦うというのは特別な気分なんでしょうね。

すごく気持ちいいですよ。特に勝った時が最高ですね。大勢の人が私を見て拍手したり叫んだりしてるわけじゃないですか。すごくうれしくて最高に気持ちいいです。多分脳内で快感物質がドバドバ出まくってると思います(笑)。あの感覚は一度味わうと忘れられないんですよ。だからみんなどんなにつらくても、ボクシングをやめられなくなっちゃうんだと思います。

──でも負けたら悲惨ですよね。飛び上がって喜んでいる選手を目の前で見なきゃいけないし。勝者と敗者の明暗がはっきりわかれる残酷なスポーツです。

そうなんですよ。勝った時は最高だけに負けると鬱になります。ボクシングに転向して初めて負けた時は3年ぶりくらいの敗北だったですが、悔しくて3日くらい眠れなかったですね。一気に「あいつは弱い」みたいな感じになっちゃうし。人生ってこんなにつまんないんだって落ち込みました。だからボクシングって天国と地獄ですよ。勝てば天国だけど負けたら地獄。

──純粋に拳ひとつで戦ってどっちが強いかはっきりさせるということも魅力なのでしょうか。

そうですね。純粋に戦うことが好きなんです。特に強い人と戦うのはワクワクしますね。やる前は不安いっぱいだけど、やってる時はどきどきワクワクしています。試合中に私のパンチがクリーンヒットした時は気持ちいいですね。いいぞ、いけるって。

あと、ボクシングをやってると嫌なことを全部忘れられるというのも大きな魅力ですね。嫌なことがあっても練習するとスッキリして忘れられるんです。だから私、練習が大好きなんです。会長やトレーナーから「練習しすぎ、いい加減にしろ」と言われるくらい(笑)。f:id:kashiemi:20171107141422j:plain

──逆にボクシングのつらい点は? みぞおちとか肝臓とか打たれたらめちゃめちゃ苦しいじゃないですか。顔面を打たれると脳や目へのダメージも恐いし。そういう恐怖感とか女子だから顔が腫れたら嫌だなとか全く思わないんですか?

もちろん打たれたら痛いし苦しいけど、逆におお~っと闘志が湧いてきます。そもそも打たれて痛い、苦しい、恐いって思う人は最初から格闘技なんてやってないと思いますよ(笑)。格闘技をやってる人のほとんどがやられたら倍にしてやり返す、やられる前にやってやるという性格で、そうじゃないと格闘技をやるのは無理です。そういう負けず嫌いの集まりで、その中でメンタルの強い・弱いはあるかもしれないですけど。

女性だからとかも関係ないです。女性でも戦うことが好きな人はいくらでもいますからね(笑)。

──減量も大変なんじゃないですか?

今はバンタム級(52.16キロ~53.52キロ)なんですが、毎回試合まで大体2ヵ月くらいの間に5キロ落としてます。ものすごくつらくはないですが、やっぱり楽ではないですね。本来はスーパーフライ級なのでそうなるともっときつくなりますね。

──ボクシングのやりがい、モチベーションは?

みんなが頑張れって応援してくれることですね。試合を観に来てくれるのはもちろん、スポンサーになってくれたり、応援してくれる人を増やそうと知人を紹介してくれたりする人が大勢いるんですよ。

ボクシングを始めて、一所懸命やればやるほどそういう何の見返りも求めず、私に無条件で愛をくださる人がたくさん増えたんです。すごくうれしいことだな、ありがたいことだなと思うし、それがボクシングを続ける糧にも、生きていく糧にもなっています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。