ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ピカチュウトーク』開発秘話も飛び出した 『Google Home』に機能を追加する『Actions on Google』説明会を開催

『ピカチュウトーク』開発秘話も飛び出した 『Google Home』に機能を追加する『Actions on Google』説明会を開催

Googleは11月9日、『Actions on Google』の記者説明会を開催。スマートスピーカー向けコンテンツ『ピカチュウトーク』の提供を開始したポケモンによる、『ピカチュウトーク』開発秘話も披露されました。

『Actions on Google』は、音声アシスタント『Google アシスタント』を通じて、Google以外の事業者が提供するアプリ・サービスとユーザーをつなぐ仕組みのこと。「OK Google、〇〇と話す」と話しかけるだけで、目的のサービスを呼び出すことが可能。日本語版は10月24日から提供を開始しています。

actionsongoogle2

『Ameba』や『外為ドットコム』、『SUUMO』、『食べログ』『楽天レシピ』などのサービスが『Actions on Google』を利用したサービスの提供を開始しています。

発表会では『日本史語呂合わせ』のサービスを利用するデモを実施。『Google Home』に「日本史語呂合わせと話す」とサービスに接続します。「794うぐいす」「710大きな」「1549広まる」など、歴史の年号の語呂合わせを出題してくれます。

actionsongoogle3

『Googleアシスタント』は『Google Home』に限らずスマートフォンでも動作するため、スマートフォン向けには画面表示のインタフェースが必要に。『日本史語呂合わせ』では、出題への回答を3択で選択できるようにしています。

actionsongoogle4

続いて、ポケモンから開発本部 プラットフォーム戦略室 ディレクターの新藤貴行氏と、Pokémon GO 推進室/プラットフォーム戦略室 マネジャー プロダクトエンジニアの小川慧氏が登壇。新藤氏から、『ピカチュウトーク』開発の経緯が語られました。

actionsongoogle5

「ポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の両方を豊かにすること」というポケモンの社是にマッチしているというスマートスピーカー。「かがくの ちからって すげー!」というゲーム中のセリフを引用して、最新の技術を使って新しいエンターテインメントを作り、「間口は広く、奥行きは深く」という開発方針に合う、親子で楽しめるコンテンツが作れるのではないかと企画したそうです。

actionsongoogle6

小川氏は、Googleに提出したという企画書を披露。ユーザーが話しかけると「Pika!」「Pikachu!」と返事するというコンセプトが分かりやすく提示されています。開発には戸田昭吾氏がプランナー、ライターとして協力。誰でも気軽に遊べるコンテンツになるよう開発が進められたとのこと。

actionsongoogle7

『ピカチュウトーク』のデモも披露。「ねえGoogle、ピカチュウと話したい」と話しかけて起動し、ユーザーが話しかけるとピカチュウが答えてくれるというもの。「10まんボルト」と話しかけると技を出す発声をするほか、「今日誕生日なんだ」と話すと『ハッピーバースデートゥーユー』を歌ってくれるなどの反応も。音声は100種類以上用意され、今後のアップデートも検討しているとのこと。デモの様子は動画でご覧ください。

ピカチュウトーク開発秘話も! 『Google Home』に機能を追加する『Actions on Google』記者説明会(YouTube)
https://youtu.be/kVnUqcpg6Ak

actionsongoogle8

発表会の最後には、スペシャルゲストとしてピカチュウが登場。フォトセッションに参加して発表会は終了しました。

ちなみにこの『ピカチュウトーク』、昨日発表されたスマートスピーカー『Amazon Echo』などAlexa対応端末向けにも提供されます。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy