ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

iPhoneユーザー必見!Appleが電磁気で触覚を再現する技術を開発中

iPhone Xではホームボタンがなくなり、iPhone 7などでホームボタンを押すと感じられる、カチッという触覚が得られなくなることに一抹のさみしさを覚えた方もいるのではないか。

この独特の触覚、ハプティックフィードバック(Haptic Feedback)を実現するのが、Appleのタプティックエンジン(Taptic Engine)。この技術自体は決して排除されたわけではいが、代替技術が採用される日が来るかもしれない。

10月19日に米国特許商標庁によって発行された文書からは、Appleが開発の、磁気アレイを利用して触覚を再現するシステムが、仮想キーボードやトラックパッドなど、さまざまなデバイスで活用可能なことが伺える。技術の詳細について見ていこう。

・iPhone Xではまだまだ3D Touchが現役

Taptic Engineは、今のところ疑似的な触覚を得るための最高のソリューションで、まだまだ発展が期待されている。実際、この技術を利用した3D Touch(iPhone 6s以降で、アプリのアイコンを指で押し込むと機能ショートカットを表示し、ブルッという振動が返ってくるあれだ)については、iPhone Xにも搭載されているようだ。

ただ、Taptic Engineについては、ある程度場所を取るなどの欠点がないわけではなく、これに替わる技術も模索されている。今回示された技術は、スクリーン、カバーガラスからディスプレイ内部の保護層に、磁気素子アレイを配置し、これが触覚を生成するものだ。

ユーザーがカバーガラスを押すなどして力が加わると、2つの素子が接近して電磁気回路を形成。状況によって引力または反発力を生成する。

電磁気素子に電流が供給される際に触覚を生じるのだが、電流の量の制御によって触覚的な変化を再現できるとのこと。ディスプレイ上に表示するキーに隆起を作ることもできるし、クリック感を出すことも可能だ。

・デバイスの結合や落下時の損傷防止にも

文書には、触覚の生成以外にもさまざまな活用方法が示されている。例えば、電磁気を発生させることにより、iPad ProとApple Pencilのような、2つのデバイスを検出して一時的にくっつけることができる。

物理的な磁石による永続的な磁気では、電子機器故障の原因にもなり、フレキシブルな磁気によって、デバイスをくっつけたり離したりできることはなにかと使い道が想定できる。

他には、保護ケースにこの技術を採用し、落下した際の損傷を防止する例が示されている。加速度計、ジャイロスコープなどのセンサーまたは磁気素子自体が急速な動きを検出すると、電磁石がオンになり、保護ケースを側面や角に引き寄せる。これにより、クラッシュを制御し損傷を和らげるとのこと。

Appleでは、新技術を開発、買収しても実装に至らないことはよくあるはなし。今回ご紹介したの技術に関しても必ずしも将来実装されるとは限らないが、活用範囲の広さによるメリットは大きく、今後出てくるプロダクトに注目したい。

参照元:Apple investigating advanced 3D Touch technology with integrated feedback/AppleInsider

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき