ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「仕事で使ったパソコンやソフトを捨てて」というムリな契約書が…… 顛末を描いたマンガに「こういった会社ある」という声集まる

keiyaku_freelance_01

「作業に使った機材は返納もしくは破棄せよ」……。契約書にそういった事項が記載されていたなら「そんなバカな」と誰しもが思うのではないでしょうか。

広告漫画家・WEBデザイナー・広告プロデューサーのうるの拓也さん(@takuya_uruno)が、前時代の契約書をそのまま結ぼうとされて断ったマンガをツイート。特にフリーランスや個人事業主から驚き混じりの反応が集まっていました。

作画担当がKDPの拙著「広告まんが道の歩き方」を漫画化してくれたPart20。またしても実話。めちゃくちゃな契約書にサインできるわけないじゃん。なのに泣き落とそうとしてくるだけでラチがあかなかったら、ご破算にさせてもらったの・・・

keiyaku_freelance_02

納品するのに使った機材はもちろんうるのさんの私物。さらに「著作者人格権の譲渡」という条項まで。ちなみに著作権法第五十九条には「著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない」と明記されています。

それでも、担当者は「サイン下さい!!」と拝み倒します。

keiyaku_freelance_03

「契約書に問題があるとわかっています」と言いつつ「でも社内ルールなんです」とたたみ掛ける担当者。「実際は契約書通りでなくていいです」と言われても、何かあった時に契約書を持ち出されたら……ということはフリーランスならば考えるはず。

keiyaku_freelance_04

「形だけでもいいからサインください!!」と迫る担当者に「無理です」と断ったうるのさん。ほぼ完成していた作品はお蔵入り……。

このマンガを見た人からは「本当にこういう会社ある」「超適当な契約書の存在は多々ある」「全然違う事業向けに作られた契約書だったことがある」といった反応が集まっていたほか、「違和感や疑問がある契約書には絶対にサインしてはダメ」という声も。「これまでの作業分を請求できるのでは」という意見もありましたが、うるのさんによると「もう関わりたくないという方が強かったです」とのこと。

うるのさんは、このマンガを描いて公開したことについて「先方の会社を批判したいという意図はありません」としつつ、「広告漫画という一般的な漫画家とは異なるフィールドで長く仕事してきたので、その経験が他のフリーランスの方、イラストレーターさんや漫画家さん、志望者の方たちなどの参考になればと思いました」と語ってくれました。

「広告業界は出版社などとは違って、コンテンツに不慣れなごく普通の一般企業を相手にすることが多いために、漫画家にとってはある意味で“異世界”。そのため無用なトラブルも起こりやすいと思います」といい、自身の経験が活かせればとマンガを通してその経験を描いたといううるのさん。集まったツイートからも旧態依然とした契約書を結ぼうとする会社が多い模様なので、何か疑問があればサインをせずに、専門家に聞くなどの自衛が必要なのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/takuya_uruno/status/923165308369567746/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy