体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ちょっとあっちでうたた寝したら結構寝ちゃって」元旦早々気まずい朝帰り……お正月から悲喜こもごも 六条院”天上人”のお正月(鏡餅もあるよ!) ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

鏡餅も登場!永遠の愛を誓う”天上人”のお正月

源氏36歳のお正月。元旦の朝は雲ひとつ無く晴れ渡り、新しい年のスタートに相応しいお天気。春の御殿は梅の香りと薫物の匂いがまじりあい、えも言われぬ素晴らしさです。原文ではその様子を”生きる仏の御国”と、壮大な表現で表しています。まさに雲の上の人びと、殿上人ならぬ天上人の世界なわけですね。

ゆったりと落ち着いた雰囲気の中、女房たち(年配のベテランが中心)が仲間同士で新年の願い事をしていると、来客の対応の合間を縫って源氏がちょっと顔を出します。

「みんなちゃっかり自分のお願いをしているね。何をお願いしたの。教えてよ。私がお祝いしてあげよう」というと、若い頃から源氏のお手つきの中将の君が「殿のことをお願いしていましたのよ。自分たちの願掛けなんていたしませんわ」。私たちのお正月にも馴染み深い鏡餅がここに登場!ちょっと感動です。

午後、お客さんが落ち着いた頃、源氏は紫の上に「今朝は女房たちが鏡餅にお願い事をしていてね。なんだか羨ましかったから、私からあなたにお祝いを。庭の鏡のような池には、この家で愛を育む私たちの姿が映っているよ」。ああ、おめでたい!

そう言いつつ、源氏は「晴れ着がみんなに似合っているかチェックしにいこう」と、おしゃれをして出発します。

「初めての手紙が欲しい」引き裂かれた母の切ない願い

まずはちい姫の部屋へ。ちい姫の所は子どもや若い人が多いので、雪の庭におりて元気に遊んでいます。ちい姫には、可愛いお菓子や料理の詰め合わせと、松の枝に止まったウグイスの人形が届いていました。ウグイスは手紙をくわえています。

「年月を松にひかれて経る人に 今日鴬(ウグイス)の初音聞かせよ」。長い年月、姫の成長を心待ちにしている私に、どうか初めてのお便りを下さい……という実母の明石の上からの贈り物でした。

源氏も本当にその通りだと思い、涙を拭き拭き、ちい姫に「このお返事は自分で書いてね。女房の代筆ではダメですよ」。自ら墨をすって筆を渡しながら返事を書かせます。

ちい姫、すでに7歳。別れた時は3歳でしたが、今は読み書きもできるようになっています。毎日見ていても見飽きないのに、実母ならどれほどみたいだろう。いつまでも実の親子を引き離しているのは良くないことだと、源氏は改めて心苦しく思うのでした。

「ひき別れ年は経れども鴬の  巣立ちし松の根を忘れめや」。ウグイスは巣立っても、自分の巣のあった松の木は忘れません。和歌として成立しているのですが、覚えたての文法を使って書いた、小学生1年生の作文的な感じですね。続けて、思ったことを子供らしくあれこれ書いてあります。

彼女が歌に込められた真意が読み解けているのかどうか、ちょっとわかりませんし、どれくらい実母のことを憶えているのかも謎ですが、ともあれ、立派な成長ぶりです。

トゥーマッチも問題!?晴れ着が似合いすぎた夏の御殿

夏の御殿はシーズンでないせいか、非常に静かです。彼女はいつも通り上品に、源氏の贈った縹(はなだ)色の晴れ着を着ていましたが、まず源氏が思ったのは髪のこと。(ああ、髪も随分薄くなってしまって。あまり良いとは言えないが、かもじ(ウイッグ)をつけるといいかもしれない……)。

もとより自分に構うタイプではなかった花散里ですが、ブルーグレーと濃い赤の組み合わせは、彼女の容色の衰えを引き立たせるという悲惨な結果に。イメージカラーとしては間違ってなかったのですが、トゥーマッチすぎるのも困りものです。

源氏は几帳を隔てて、できるだけ姿を見ないようにしつつも(この人の誠実さ、優しさは本当にかけがえのないものだ。他の男なら見捨てるだろうが、私とこの人は心からの信頼で結ばれている)。すでにセックスレスになって久しいけれど、互いに寄せる親愛の情は真実のもの。2人は、これからも仲良く過ごそうと誓い合いました。

続いては新入りの玉鬘。まだ引っ越して日も浅く、部屋にも必要最低限のものがあるくらいですが、なかなかさっぱりしていい感じです。

パキッとした山吹色の晴れ着は、玉鬘にぴったりでした。本人も見た途端に「なんて綺麗」と感動した素晴らしい色合いで、目の覚めるような華やかな色が、玉鬘の陰のない美貌を引き立たせています。こちらはマッチして良かった例ですね。

加えて彼女の髪は苦労のせいか、毛先が少し細くなっているのですが、サラッとなっているところがかえって爽やかだと表現されています。同じ髪のことでも、花散里とは雲泥の差です。

一応、親子ということで几帳も隔てず対面していますが、当然ながらやっぱりどこかぎこちない。そんな彼女の様子を見て、源氏は別の意味で心が動くのを感じます。おやおや。長年の夫婦でも花散里とは顔を合わせなかったのになあ。

源氏が「これからは遠慮なく、春の御殿にもいらっしゃい。ちい姫が琴のお稽古を始めるから、よかったらご一緒に。意地悪な人は誰もいないから」と話すと、玉鬘は「おっしゃる通りにいたしましょう」

まあ、玉鬘の立場からすれば、ここまで世話になっておきながら断れるはずもないだろうという感じ。源氏としても、単なる義理の親子では済まなさそうです。

愛用品が物語る、ハイセンスな大人の世界

日も暮れる頃、源氏は冬の御殿に入りました。御簾の前からすでに薫物が奥ゆかしく香り、ムード満点です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy