体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「夫の起業」に納得できたのは『子ども』の存在があったから―【挑戦者を支えた「家族」の葛藤】

近年、起業や転職に関するトピックでは「嫁ブロック」という言葉が聞かれるようになりました。「嫁ブロック」とは、妻による夫の起業や転職への反対や抵抗のこと。しかし妻の視点で考えると“ブロック”にもさまざまな理由があるはずです。

前編では、2016年4月大手人材サービス会社を退職後に株式会社オムスビを設立した羽渕彰博(ハブチン)さんと妻の綾佳さんから、初めて「起業したい」という意思を聞いたときに何を思い、話し合ったかをお聞きしました。後編では、妻が納得するまでの過程と、これから起業・転職を考える夫婦へのアドバイスをうかがいます。

f:id:junko_one:20171004202659j:plain

(右)羽渕彰博(ハブチン)さん プロフィール:

1986年大阪府生まれ。2008年パソナキャリア入社。転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事しつつ、アイデアを短時間で具現化する「ハッカソン」のファシリテーターとしても活躍。2016年4月に独立し株式会社オムスビを設立、企業研修ファシリテーションや事業創出コンサルティングでも実績を伸ばしている。

(左)羽渕綾佳さん プロフィール:

1986年生まれ。ハブチンさんと同期入社で出会い2010年に結婚、2016年に一児の母となる。現在は育児休業中。夫の起業後、ともに移住した逗子で子育てをしながら、料理や整理整頓の知識を生かしたレシピ発案・記事執筆なども始めている。

生まれてくる子どもに「好きなことをやりなさい」と言える親になりたい

―2016年12月に話が出て、独立と出産まで4カ月ほどです。綾佳さんが起業を応援しようと思うまでどのくらい時間がかかりましたか。

綾佳さん: 1カ月くらい経って、最終的に2人で話していたときに私も自分の子どものことを考えました。子どもはとても欲しくて、授かって本当に嬉しかったんです。子どもが生まれたら、周りの人がどんなに反対しても私だけはこの子の味方でいたいと思いました。

私も同じように、子どもが30代になって「会社を辞めて芸人になる」と言っても「いいんじゃない、お母さんも応援する」と言ってあげたいと思っていたんです。もし私が夫がやりたいことをブロックしては矛盾してしまう。子どもに「好きなことをやりなさい」と伝えたとき「でもお母さんはお父さんがやりたいと言ったとき反対したんでしょ」と言われたらどうするか。夫を応援する勇気がないのに、子どもに対してそれができるのか。

f:id:junko_one:20171004203247j:plain

たぶん、ここで反対して止めたら子どもにも同じことをする。それはとても嫌だったんです。だから子どものために「ここで受け入れる必要がある」と思って最終的に受け入れたというのが近いと思います。

起業して4カ月、夫から今度は「逗子に移住したい」

―綾佳さんは出産、ハブチンさんは起業、その後の生活はどう変わりましたか。

ハブチンさん: それまで平日はオフィスに出社していましたが、起業後は家で働くようになり、家族との時間が増えました。子育ても仕事も両立できる環境を選べたのはよかったなと思います。

綾佳さん: そうですね。私も初めての子育てでいろいろ不安だったので、夫がそばにいてくれて安心しました。ただしばらくして、今度は「逗子に移住したい」と相談されて。

―ハブチンさんはなぜ突然、逗子に移住したくなったんですか。

f:id:junko_one:20171004203326j:plain

ハブチンさん: 子どもが生まれ、僕が家で働くようになると、家が手狭に感じられるようになってきたんです。そこで自分たちの生活に合う場所に引っ越したいと考え始めました。当時住んでいたのは埼玉で、もちろん同じ地域で探してもよかったのですが、近所には子どもが遊べる場所が少なかったんですよね。親にとって子育てしやすく、子どもが思い切り遊べる地域を探したところ、海も山もある逗子が候補に挙がりました。

綾佳さん: 以前住んでいた場所ではたしかに思い描いていた育児と違っていたので、引っ越しもありだとは思いました。でも現実を考えると、逗子に住んだら保育園が見つかるのか、仕事への復帰がどうなるか、何もわかりません。せっかく会社員の妻になったと思ったら起業したいと言われるし、仕事を続けるつもりでいたら復帰が難しい環境を提案される。当時の私は「すべてが奪われてしまう」と不安で仕方ありませんでした。

でも、すべてを削ぎ落として子どもを中心に考えると納得できる点がありました。前の家はとても狭かったので、育てるなら自然が多い逗子のほうがいいかもしれない。子どもの顔を見て毎日一緒に過ごすようになると、その気持ちは確信になりました。子どもが小さい時期はとても短い。だったら、その貴重な時間に家族3人の思い出をいっぱい作ってあげたほうがいい。子どもの顔を見たことが、気持ちを完全に切り替えたきっかけだったと思います。

パートナーが「起業したい」と言ったとき、どう対応する?

―夫がこれから起業・転職したいという場合、奥さんたちにアドバイスはありますか。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。