ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

両親に恋愛禁止されて「彼氏欲しいと思うことが恥ずかしい」に!? 野広実由先生『妄想しがちなすみれさん』が奥手可愛い [オタ女]

仕事中などで異性と接した時についつい妄想してしまうという女子、意外と多いのでは……? そんな女子を『パティシエール!』『大正 乙女カルテ』などの4コママンガの名手、野広実由先生(@nohimiyu)が描いていて『Twitter』でも公開。図書館で働いていて『源氏物語』が好きだという深町すみれさんの妄想の暴走ぶりが話題となっています。


両親に恋愛を禁止されていて、中高一貫の女子校に通っていたというすみれさん。大学でも合コンに行かずに男子からの誘いにも断り、無事卒業したものの、社会人になって「彼氏欲しい」と思うものの、そう考えること自体が「恥ずかしい」と悩む日々。


恋愛に奥手になってしまったため彼氏の作り方がわからないすみれさん。同僚に「彼氏いるの?」と聞かれて「いるような、いないような」と見栄を張ったり、デートを想定しても3分で行くところまで行ってしまったり……。それでいて図書館でちょっと良さそうな男性に出会った時にあっさりフラグを折っているあたりも可笑しいです。

野広先生のツイートを見たユーザーからも「可愛い」「尊い」といった声が続出。さらに「『源氏物語』というあたりにドキっとした」という人や、「自分のことのようだ」という人も。女子だけでなく男性からも「共感する」といった声も集まっていました。

野広先生によると、すみれさんに特別なモチーフがあるわけではないそうですが、「男女交際は禁止されていませんでしたが、私も女子高育ちの真面目なタイプでしたので、自分の経験は多少入っています」とのこと。すみれさんが「初恋もまだで恋愛経験が全くないので、ありえない妄想ばかり膨らませてしまい、現実の恋愛へのアンテナが全く立てられない」あたりのこじらせが「恋愛は相手が必要ですが、まだ自分の中だけで終始している」理由だと話してくれました。

2017年9月12日に発売された単行本『妄想しがちなすみれさん』(アクションコミックス)では、「ほんの少しずつ成長できている様子も見れます」とのこと。ちょっとずつ恋愛に目覚めていくすみれさんの様子をニヤニヤ見たいという人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

月刊まんがタウン(WEBコミックアクション)
http://webaction.jp/manga_town/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy