ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

死戦期呼吸とは?AEDを使うべきかどうか見極める方法

死戦期呼吸とは?AEDを使うべきかどうか見極める方法

単純な問題ではないAED(自動体外式除細動器)の使用

先日、女子高校生がグラウンドで倒れ、そこに駆けつけた指導教員が「呼吸は弱いけれどある」と判断し、救急車が来るまでの間、AED(自動体外式除細動器)を使用しなかったという記事が大きく報道され、その教員の対応に避難が集まっている様です。でも、この問題は新聞紙面に書かれてあるほど単純な問題ではないと思われます。

それではここで言われている「呼吸は弱いけれどある」とされた、いわゆる死戦期呼吸とはどのようなものなのでしょうか?

死戦期呼吸とは?

死戦期呼吸は、あえぎ呼吸ともいわれる異常な呼吸で、心停止直後などにみられるしゃくりあげるような呼吸なのですが、一般の方が見てはそれが死戦期呼吸か普通の弱い呼吸かを判断するのはかなり難しいのではと思われます。

この教員も死戦期呼吸であることには気付かなかったようですが、生徒の異常は感じて救急要請をしていますから、対応に明らかなミスがあったとは言えないと思われます。

もし、実際に目の前で人が倒れ、その人の呼吸状態がおかしいということを的確に判断できる一般の方がどれだけいるでしょうか?

私も以前、とある駅のホームで列車を待っていた際に、目の前で20代前後の女性が突然倒れ、呼吸停止であることに気づき、その場で心臓マッサージをした経験があります。その方は幸いにもAEDは使用せずに自発呼吸再開し、大事には至りませんでした。

しかし、もしあの場に私がいなければ彼女はどうなったのだろう、たまたま近くに医療関係者がいたことで最悪の状況が回避できただけで、一般の人たちに即座に適切な対応ができるだろうか?と思うと、やはり常日頃の備えの重要性をしみじみ感じます。

近くで人が倒れた時の適切な対応 AEDを使うべきか判断するには?

もし、身近で倒れた方がいた際に「普通の呼吸をしていない」と思ったら、まずは胸骨圧迫による心臓マッサージをします。これを徹底するだけで、AEDの使用に関してはあまり悩まずに済むかもしれません。

心停止ではない人に胸骨圧迫したら、よほど意識が悪い(昏睡状態)ということでもない限り、なんらかの反応をします。反応がないなら躊躇せずAEDを装着して対処すれば大丈夫です。その後に実際に使用すべきかどうかは機械が判断してくれます。

AED使用について慎重になるべきという専門家の意見もあるが…

これに関して、「脈あり心室頻拍(VT)だったらAED使用が害になる可能性もあるから、心停止なのかどうかを適切に判断してからAEDを装着すべき」などの専門的な意見がないではありません。でもどうでしょう?その僅かな可能性に言及してAEDの使用を萎縮させるより、より広くAED使用を普及させる方が有用な状況ではないかと思われます。

もちろん後々には結果をしっかり検証することは必要かもしれません。でも、まずは身近で起こりうるであろう生命の危機に対して、少しなりとも対応できる環境を作り上げていくこと、これこそが今の喫緊の課題であろうと思われます。

そして、枝葉末節的なことに拘泥するのみではなくAEDの使用に関して少しずつでも先に進めることが大事です。

(佐藤 浩明/消化器内科専門医)

関連記事リンク(外部サイト)

「社交不安症」認知行動療法で改善 抗うつ薬効かない患者にも有効
非喫煙者にも健康への深刻な影響を及ぼす受動喫煙とは?
歯周病は口の中だけの病気にあらず!放っておくと怖い歯周病について

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。